ここから本文です

VIO脱毛ができる家庭用脱毛器!選び方と安全に処理するコツ

VIO脱毛

家庭用脱毛器は商品によってケアできる範囲に違いがあります。デリケートなVIOのケアをするなら必ずVIOに対応している家庭用脱毛器を選ぶことが大切です。

この記事では、VIO脱毛におすすめの家庭用脱毛器の選び方のポイント、期待できる効果をご紹介します。「サロンや脱毛クリニックにはなかなか通えないけれどVIOを少しでもケアしたい」とお考えの方はぜひご覧ください。

VIOにおすすめの家庭用脱毛器の選び方

VIOにおすすめの家庭用脱毛器の選び方を3つご紹介します。

脱毛方式を見て選ぶ

家庭用脱毛器には光(フラッシュ)式とレーザー式の2つのタイプがあり、それぞれ痛みや照射できる面積に違いがあります。

光(フラッシュ)式

  • ・照射範囲が広く痛みを感じにくい
  • ・ムダ毛のメラニン色素に反応する仕組みで効果は緩やか

レーザー式

  • ・照射範囲が狭く高出力なため痛みを感じやすい
  • ・効果は実感しやすい

基本的に光(フラッシュ)式は脱毛サロンで使われているタイプで、レーザー式はクリニックで採用されています。

VIOは全身の中でも特に毛が太く濃い部分。照射時に強い痛みが出る可能性があり、特にレーザー式は痛みが強すぎてケアをやめてしまう人もいます。痛みに弱い人や、ゆるやかでも少しずつムダ毛ケアを進めたい人には、光(フラッシュ)式がおすすめです。

機能性や使いやすさで選ぶ

家庭用脱毛器はレベル調整機能がついたものを選びましょう。照射レベルが調整できると、お肌の状態に合わせて痛みや刺激を抑えられます。低い照射レベルからスタートし徐々にレベルを上げていけば、安全にケアを進められます。また、照射面積が広いほど一度に広範囲をケアできるため時間の短縮にもなります。

また、必ずチェックしたいのが、VIOに対応しているかどうかです。同じ家庭用脱毛器でもVIO向けではない製品もあります。またVラインのみで「I」や「O」は対象外の製品もあります。対応範囲はしっかりと調べておきましょう。

費用面を意識して選ぶ

家庭用脱毛器にはカートリッジ式と本体交換式の2つのタイプがあります。カートリッジ式は光を照射する先端部分のみを交換する方式で、規定の回数を使ったら別売りの新しいカートリッジに付け替えれば継続して使用できます。

一方、本体交換式は照射回数分を使い終わると本体ごと交換する必要があります。どちらがお得か、ご自身の脱毛プランを意識したうえで選びましょう。

家庭用脱毛器で期待できるVIOへの効果

家庭用脱毛器によってVIOをケアすると、次のような効果が期待できます。

  • ・毛が生えるスピードが遅くなる
  • ・毛が細くなる
  • ・毛量が減る

日々のムダ毛のお手入れが楽になり、カミソリや電動シェーバーによるお肌への負担も減ります。また、IやOラインをケアするとムレやかゆみの軽減にも役立ちます。

家庭用脱毛器には肌のくすみケアやキメを整えるなど、肌ケアに役立つ美肌モードを搭載した製品もあります。効果には個人差がありますが、VIOの黒ずみや色素沈着、毛穴の開きなどが気になる方は、美肌モード搭載の家庭用脱毛器でおうちエステに挑戦してみてはいかがでしょうか。

しっかりとムダ毛ケアをしつつ、美肌も手に入れたいという方におすすめなのが脱毛ラボの「脱毛ラボ プロエディション」です。全国に脱毛サロンを展開している脱毛ラボが開発した商品のため、ケアの効果についてはもちろんのこと使いやすさにもこだわっています。
さらに、1回の全身ケアにかかる費用もたった80円とお財布にも優しいのが魅力です。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

家庭用脱毛器ではVIOの永久脱毛は難しい?

永久脱毛には、毛を生やす組織(毛母細胞)を破壊する医療行為が必要です。この施術は皮膚科や美容クリニックの専門医だけができるもののため、家庭用脱毛器を使ってVIOを永久脱毛することはできません。

家庭用脱毛器はあくまで抑毛や減毛が目的です。使い続けることで自己処理の頻度を減らしていきます。もしも完全にムダ毛をなくして二度と生えないよう永久脱毛したいのであれば、医療脱毛を考えてみましょう。

家庭用脱毛器で痛みを抑えてVIOを脱毛する方法

家庭用脱毛器で痛みを抑えてVIOを脱毛する方法

VIOは毛が太く量も多いため、全身の中でも特に痛みを感じやすい部位です。痛みをできるだけ減らしてケアを続けるために実践したい2つの方法をご紹介します。

脱毛前に保湿しておく

お肌が乾燥しているとお肌のバリア機能が低下した状態となるため、照射による痛みを感じやすくなります。ケアをする前に、クリームや化粧水、ジェルなどでしっかり保湿しましょう。

また、家庭用脱毛器を使った後も照射による刺激でお肌が乾燥しやすい状態となっています。忘れずに保湿ケアをしてお肌を休ませましょう。

保冷剤で冷やしておく

保冷剤でVIOを冷やしておくと感覚が少し鈍るため、痛みを感じにくくなります。また照射した後も部位に熱がこもって痛みが増すことがあるため、必ず保冷剤で冷やしましょう。照射後に部位を冷やす冷却機能つきの家庭用脱毛器を選ぶこともおすすめです。

【部位別】セルフVIO脱毛を安全に行うコツ

セルフでVIOのムダ毛を処理したい場合は、とにかくお肌を傷つけないよう安全を第一に考えましょう。いきなり強い刺激を与えることは危険ですので、基本的に低い照射レベルからスタートします。お肌に問題がなければ少しずつ照射レベルを上げていきましょう。

安全にVIOのムダ毛を処理するために気を付けたいポイントをご紹介します。

Vライン

Vラインとは、足の付け根のビキニラインのことです。関節にあたるため、皮膚に対して垂直に家庭用脱毛器を当てることがポイント。片手で皮膚を少し伸ばしながら当てると隙間なく垂直に照射しやすくなります。

Vゾーンは比較的処置がしやすい部位ですが、首や腰を痛めないよう、鏡も使いながら楽な姿勢でケアをしましょう。

Iライン

Iラインの照射の際はショーツをTバック状態にすると粘膜を保護できます。粘膜は皮膚が薄いデリケートな部位のため、光を当てないよう気をつけてください。

Iラインは自分からは直接見えづらいため、イスに片足を乗せた状態でその下に鏡を置いて処置をしましょう。デリケートなぶん痛みも感じやすい部位なので、必ず低めの照射レベルから始めることが大切です。

Oライン

Oゾーンは目視できないため、セルフの場合は特に処理が難しい部位です。Iラインと同じくショーツで粘膜を保護しつつ、鏡の上にしゃがんで照射します。垂直に照射するために、片手で皮膚を伸ばしながら少しずつケアしてください。

家庭用脱毛器でVIOの処理を行うときの注意点

VIOのムダ毛処理において安全に家庭用脱毛器を使うため、守っていただきたいルールや注意点をご紹介します。

生理前や生理中の脱毛は避ける

生理前や生理中はホルモンバランスの影響でお肌が荒れやすく、刺激に弱い時期です。普段は大丈夫でも、生理前や生理中の家庭用脱毛器の照射によってお肌の乾燥や炎症が悪化する可能性があります。生理が終わって体調が落ち着いている時期にケアをするようにしましょう。

脱毛後はシャワーのみにする

ケアをした後はむやみにこするのはNGです。ボディソープなどの使用も控え、シャワーだけで洗い流しましょう。翌日お肌に炎症や痛みなどがなければ通常通り洗って問題ありませんが、摩擦や乾燥には注意が必要です。

肌が傷ついてしまったら早めに病院へ

もし家庭用脱毛器を使った後に炎症ややけどを起こしたら、すみやかに病院へ行きましょう。放置するとそのまま色素沈着を起こしたり、炎症が悪化したりする危険性があります。

特にVIOはデリケートな部位なので、セルフで治療するのは衛生面に問題があるうえ、市販の痛み止めや炎症止めも使えません。必ず皮膚科を受診して、お肌のトラブルに合わせた治療を受けましょう。

家庭用脱毛器ならいつでもVIO脱毛ができる

家庭用脱毛器では永久脱毛はできません。しかし、いつでもVIOをケアできると同時にムダ毛処理の頻度や毛量を減らす効果が期待できます。「恥ずかしくてサロンでのVIO脱毛ができない」と悩んでいた方でも、恥ずかしさを感じることなく安心していつでもケアすることができる方法です。

VIOのムダ毛を減らすと、かゆみやムレ対策など衛生面でもメリットがあります。お肌を傷つけないよう注意しながら、自分のペースでVIOのケアを進めていきましょう。

こんな記事も読まれています

家庭用脱毛器とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

家庭用脱毛器で埋没毛が改善?埋没毛の原因や予防法を徹底解説

顔に使える家庭用脱毛器!正しい選び方と嬉しい美顔効果について

男性のすね毛の脱毛におすすめなのは家庭用脱毛器?脱毛方法別でやり方や注意点を紹介