ここから本文です

脱毛器の仕組みについて徹底解説!種類別の効果や特徴について

脱毛の仕組み

脱毛は、見た目にも肌の内部にも大きな変化をもたらします。お肌や身体の健康を考えたときに、「脱毛は本当に安全なのか」「害はないのか」と不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

脱毛のアプローチ方法や仕組みにはさまざまな種類があります。その仕組みを知ったうえであなたに合った脱毛方法を選び、正しい方法でお手入れすれば、安全にツルツルな肌を手に入れることができます。

ここでは、脱毛の仕組みや脱毛方法ごとの効果、特徴や違いについて解説します。

光(フラッシュ)脱毛器の種類別の仕組み

多くの脱毛サロンや家庭用脱毛器のお手入れでは、光(フラッシュ)脱毛器を使用しています。この光脱毛器は基本的に毛根や毛乳頭に特殊な光を照射することで発毛機能を緩やかに抑えていく仕組みですが、厳密にはさらに以下の3つの仕組みに分かれています。

IPL脱毛

IPLとは「インテンス・パルス・ライト」のイニシャルの略で、瞬間的に強い光を照射する仕組みの脱毛方法です。光が毛のメラニン色素に反応し、毛根に熱を含む光を照射することでダメージを与え、発毛機能を停止に近付けていきます。メラニン色素の有無が照射に大きく影響するため、特に色素の多い太くて色の濃いムダ毛に効果的です。早い場合は2〜3回程度の施術でも効果を実感できますが、光が強く反応する濃い毛が多い場所、肌も色素を含んでいる色黒の肌の方の場合は、照射が色素に強く反応して痛みが伴う場合もあります。

【IPL脱毛はこんな人におすすめ】

  • ・太く濃いムダ毛が多い人
  • ・色白で肌にメラニン色素が少ない人
  • ・痛みよりも効果の早さを優先したい人

SSC脱毛

SSCとは「スムース・スキン・コントロール」の略で、ジェルと光の力で発毛を抑えます。大きな特徴は、脱毛器で光を照射する前に抑毛効果を期待できるジェルを肌に塗布し、その上から「クリプトンライト」と呼ばれる光を照射することです。この2つを組み合わせることでムダ毛の発毛を抑えられるうえ、脱毛による肌ダメージも軽減します。また、太く濃いムダ毛から産毛まで、どんな毛質のムダ毛にも効果を期待できるため、ムダ毛の色素が薄い人にもぴったりです。

しかし、他の仕組みの脱毛方法に比べ即効性は期待できないため、肌への負担を考慮して急がず脱毛したい人に向いています。

【SSC脱毛はこんな人におすすめ】

  • ・敏感肌、乾燥肌などで普通の脱毛では肌荒れが心配な人
  • ・脱毛と同時に美肌ケアも合わせて行っていきたい人
  • ・痛みが少なく快適な脱毛を実現したい人

SHR脱毛

SHRは「スーパー・ヘアー・リムーバル」の略で、日本語では「蓄熱式脱毛」ともいいます。多くの脱毛器は毛根に光を照射してムダ毛をお手入れしていきますが、こちらは毛根ではなく、毛乳頭と呼ばれる毛根に発毛を命令する器官にダメージを与え脱毛していく仕組みです。メラニン色素に反応するわけではないため、毛の色素が薄い人、白髪の人、色黒肌の人でもお手入れができます。

また、色素によって過剰に光が反応することもないため痛みがかなり抑えられていることも大きな特徴です。毛周期に関係なくいつでも通えるため、サロンの中には1ヵ月に2回などハイペースで通えるところもあります。

【SHR脱毛はこんな人におすすめ】

  • ・産毛や白髪など、ムダ毛の色素の薄い人
  • ・脱毛による痛みが苦手・不安な人
  • ・2週間に1度などハイペースで通って早く脱毛したい

医療レーザー脱毛の仕組み

医療レーザー脱毛とは、脱毛クリニックをはじめとした医療機関でのみ受けられる脱毛方法で、効果の早さや安全性を最優先に施術を選びたい人におすすめです。

メラニン色素に反応する強いレーザーを照射して毛根を破壊していくため、その仕組みはIPL脱毛と似ているともいえますが、大きな違いはその出力です。医療レーザー脱毛は、国家資格を持つ医療従事者が高度な医療機器を使用して施術を行います。そのためサロン脱毛や家庭用脱毛器と比べてもずっと早く、かつ高い効果を期待できます。また、万が一肌トラブルが起きた際にはクリニックの医師が直接診察してくれるほか、痛みの強い場所には麻酔も処方してもらえます。

光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛方法の違い

その名前の通り、光脱毛は光を、レーザー脱毛はレーザーを肌に照射することでムダ毛にアプローチします。しかし「ムダ毛が生えないツルツル肌を手に入れる」という目的を果たす上では、結局どちらを選ぶべきかわからない…と感じてしまう人もいることでしょう。

ここで、光脱毛とレーザー脱毛の違いについてポイントごとにまとめます。

                                               
光脱毛 レーザー脱毛
痛み痛みが抑えられている痛みを強く感じる場合がある(麻酔の処方可)
全身脱毛6回の価格15〜20万円ほど20〜25万円ほど
お手入れ回数 / 期間12回 / 1年〜2年6回 / 半年〜1年
永久脱毛の可否不可

光脱毛よりもレーザー脱毛のほうが出力の高い脱毛機を扱えるため、回数や期間ではレーザー脱毛が効率的です。しかし光脱毛の方が痛みは少なく、料金もお得になります。

以上を踏まえ、それぞれの脱毛方法におすすめの方は以下のように分けられます。

光脱毛がおすすめの人

  • ・痛みが少なく快適にムダ毛のお手入れを受けたい人
  • ・料金のお得さや通いやすさを重視したい人

レーザー脱毛がおすすめの人

  • ・ムダ毛を早く徹底的になくしていきたい人
  • ・痛みや料金よりも効果を優先したい人

家庭用光脱毛器との違いはある?

家庭用脱毛器は、脱毛サロンでの光脱毛器と仕組みに関する違いはありません。自宅で手軽に脱毛サロンでのお手入れを体験したい人であれば、手軽に使える家庭用脱毛器の利用がおすすめです。「忙しくてなかなかサロンに通えない」「好きな時間に自宅で脱毛したい」といった人にぴったりです。

ただし、一般的な家庭用脱毛器は多くの人が安全に使用できるように出力が抑えられているため、効果をすぐに実感できない場合もあります。もちろん定期的なお手入れを続けていくことで効果を十分に実感できますが、より早く高い効果が欲しいという方もいることでしょう。
そんな方におすすめなのが、脱毛サロンでおなじみの脱毛ラボが開発した「脱毛ラボ プロエディション」です。サロン級の照射パワーとスピードを備えているだけでなく、痛みが少なくケアできるように照射口が直接冷えるクリスタル冷却を採用しています。
その他にも、自宅でムダ毛ケアがしやすいように様々な機能や工夫がされています。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

自分に適した脱毛器を使い分けよう

ひと口に「脱毛」といっても、その仕組みや特徴にはさまざまな違いがあります。効果面やコスト、手軽さなど、まずはあなた自身が脱毛でどのようなポイントを優先したいのか考えてみましょう。

あなたに合った脱毛方法を選ぶことは、より効率的で満足感のある脱毛を実現することにもつながります。ぜひあなたにぴったりな脱毛方法を選んで、ツルツルで美しい肌を手に入れてください。

こんな記事も読まれています

男性のすね毛の脱毛におすすめなのは家庭用脱毛器?脱毛方法別でやり方や注意点を紹介

脱毛後のお風呂はダメ?入浴NGの理由と入浴OKなタイミングについて

脱毛器で胸・乳首周りの脱毛は可能?安全な処理方法について

脱毛器で脇は脱毛できる?正しい方法やコツを解説