ここから本文です

家庭用脱毛器による肌トラブルの危険性とは?
正しい選び方と使い方を解説

家庭用脱毛器による肌トラブルの危険性

「肌トラブルが心配で家庭用脱毛器の使用を躊躇している」という方は少なくないのではないでしょうか。

家庭用脱毛器は、正しい選び方・使い方を心がければ肌トラブルを防ぐことができます。
今回は、家庭用脱毛器で起こりがちな肌トラブルの解説から正しい選び方・使い方をご紹介します。

家庭用脱毛器で起こりがちなトラブル

まず、家庭用脱毛器で起こりがちな肌トラブルを4つ見てみましょう。

脱毛部分のやけど

家庭用脱毛器は、照射する光がメラニン色素に反応することで熱エネルギーに変わり、毛根にダメージを与えて脱毛効果を発揮するアイテムです。
そのため、照射前のムダ毛処理が甘かったり照射レベルが強すぎたりすると、やけどをする可能性があります。

やけどを防止するためには、事前のムダ毛処理をしっかり行うことや弱いレベルから照射すること、脱毛部分を冷却してから照射することが大切です。

肌や毛穴の腫れ

照射レベルが高いと、やけどだけでなく肌や毛穴が腫れてしまうケースもあります。
特に腫れやすいのは、二の腕や太ももなどの肌が柔らかい部位です。そうした部位では一番低いレベルから照射をスタートしてください。また、照射前だけでなく照射後もしっかり冷却することで腫れが起こりにくくなります。

埋没毛が生まれる

埋没毛(まいぼつもう)とは、皮膚の下で毛が成長してしまう現象です。
家庭用脱毛器を使用していくなかで埋没毛が増えるのは、照射前のムダ毛処理が原因かもしれません。ムダ毛処理のときに毛抜きやカミソリを使用すると、肌や毛穴が傷つきかさぶたができる場合があります。そのかさぶたが原因で毛が皮膚表面に出てこられなくなるのです。

埋没毛を防ぐため、毛抜きとカミソリの使用は止めましょう。
自己処理には肌に優しい電気シェーバーの使用がおすすめです。

かゆみやかぶれ

同じ場所に繰り返し光を照射していると肌への刺激が強くなり、かゆみやかぶれが出ることがあります。
同じ場所に照射を繰り返すのではなく、少しずつずらしながら照射しましょう。

また、衛生面が原因でかゆみやかぶれが起きるケースもあります。
お手入れ後は照射口をアルコールなどで消毒して清潔に保つように心がけてください。

トラブルを防ぐための家庭用脱毛器の選び方

数多く販売されている家庭用脱毛器。
肌トラブルが起きにくい製品を選ぶために注目したい4つのポイントを紹介します。

日本製の脱毛器を選ぶ

海外製の家庭用脱毛器は日本人の肌に合わない場合があり、肌トラブルが起きたり脱毛効果が思うように得られなかったりする可能性があります。日本人の肌に合わせて作られている日本製の家庭用脱毛器を選びましょう。

医療機関や医師監修の製品を選ぶ

医療機関や医師が監修した家庭用脱毛器は安全性や脱毛効果がきちんとチェックされています。
特に敏感肌の方は医師や医療機関のお墨付きを得た家庭用脱毛器を選びましょう。

冷却装置がついている製品を選ぶ

照射する際に肌を冷やしてくれる「冷却装置」がついた製品があります。
脱毛による肌トラブルを防ぐためには非常に有効な機能です。保冷剤で冷やすことももちろん大切ですが、冷却装置がついていればさらに肌への刺激を抑えることができます。

脱毛サロンとして人気のある脱毛ラボが新しく開発した「脱毛ラボ プロエディション」には、照射口そのものが直接冷えるクリスタル冷却という機能が備わっています。
直接冷却されているため、ハイパワーでも痛みが少ないのが特徴です。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

照射レベルが調整できる製品を選ぶ

照射レベルは肌の色や毛の濃さなどによって一人ひとり調整する必要があります。必ず調整可能な製品を選びましょう。多くの製品では5~10段階で調整が可能ですが、なかには肌の色や毛の濃さを自動認識してレベル調整してくれる製品もあります。

トラブルを防ぐ正しい家庭用脱毛器の使い方

トラブルを防ぐ正しい家庭用脱毛器の使い方

トラブルがなく効果的な脱毛を実現するために、家庭用脱毛器の正しい使い方を覚えましょう。
以下の4つのポイントを押さえるようにしてください。

照射レベルに注意する

やけどや腫れ、かゆみ、かぶれといった肌トラブルを防ぐために、まずは照射レベルに注意します。
弱い照射レベルからお手入れを始め、肌への影響がないと判断できた段階で徐々に強めていきましょう。

説明書の内容に従う

文字ばかりでつい読むことを諦めてしまいがちな説明書ですが、そこにはトラブルを防ぐために知っておくべき情報が詰まっています。面倒臭がらずにしっかりと目を通し、記載されている内容に従って使用しましょう。

照射前後の皮膚を保冷

脱毛による肌トラブルで多い原因の一つは冷却不足です。照射前後はタオルに包んだ保冷剤などでしっかりと肌を冷やしましょう。
冷却機能が付いている家庭用脱毛器であれば、冷却不足による肌トラブルを回避しながら脱毛することができます。

十分な保湿・スキンケアを丁寧に行う

照射された肌は熱によって乾燥しやすくなっており、スキンケアをせずに放置していると炎症や赤みなどの肌トラブルを引き起こします。脱毛後は化粧水やボディローション、乳液、クリームなどを使って十分な保湿ケアをしましょう。

家庭用脱毛器の使用を避けるべきタイミング

いくら正しく使ったとしても、以下の4つのような体調や肌状態の時に家庭用脱毛器を使ってしまうと肌トラブルにつながる可能性が増します。これらの時は使用を控えましょう。

日焼けしている時

日焼をしている肌に照射すると、やけどをする原因となります。家庭用脱毛器の光は肌の色が濃いほど強く反応するからです。日焼け後、肌が落ち着くまでの間は脱毛器の使用は控えましょう。
再開するときは、照射レベルを弱くして影響がないかを確認しながらスタートしてください。

体調が悪い時

体調が悪い時は肌がいつもよりも敏感になっています。普段なら問題ない照射レベルでも痛みを強く感じたり肌トラブルが起こったりする可能性がありますので、脱毛は避けてください。

生理中

生理中はホルモンバランスが変化するため肌が敏感になっています。体調が悪い時と同じように普段よりも痛みを強く感じてしまう場合があるため、生理が終わるまでは脱毛を避けましょう。

色素沈着が起きている時

色素沈着が起きている箇所には光が強く反応するため、やけどをしてしまう可能性があります。また同じ理由から、ほくろや痣のある部分にも照射はできません。
コンシーラーを塗ったり肌色や白のテープを貼ったりするなどして光が当たらないように保護してください。

トラブルを避けるためにも家庭用脱毛器は正しく使おう

家庭用脱毛器は自宅で自由にケアができる便利なアイテムです。
しかし、製品の使い方や選び方を間違えると、思わぬ肌トラブルを招くこともあります。

体調や肌状態に注意するだけでなく、必ず説明書に従って正しく使用し、トラブルのないムダ毛ケアを実現しましょう。また、冷却機能つきものや照射レベルが調整できるものなど機能が充実した製品を選ぶようにしましょう。

脱毛ラボでは、脱毛ラボ プロエディションを正しく使用していただくために、脱毛ラボのサロン店舗トレーナーによるLIVE配信も行っています。
脱毛ラボ プロエディションの正しい使い方や脱毛後のケア方法など、脱毛に役立つ情報をお届けしていまので、ぜひご覧ください。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

こんな記事も読まれています

メンズ向け脱毛器の効果

メンズ向け脱毛器で期待できる効果とは?正しい選び方と注意点を解説

家庭用脱毛器でうなじの脱毛はできる?

家庭用脱毛器でうなじの脱毛できる?魅力的なデザインや注意点について

家庭用脱毛器と脱毛サロンは併用はできる?

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いは?併用はできる?両者のメリット・デメリットを徹底解説

家庭用脱毛器でお腹の脱毛は可能?

家庭用脱毛器でお腹の脱毛は可能?やり方や注意点を解説