ここから本文です

ほくろがある場所に脱毛器は使えない?肌や皮膚へのリスクを解説

ほくろがある場所に脱毛器は使えない?

「ほくろのすぐ近くにあるムダ毛も脱毛したい」
「ほくろのところにも家庭用脱毛器を使って大丈夫?」
このような、ほくろに関する脱毛の疑問やお悩みをお持ちの方は少なくないと思います。

結論から言うと、ほくろがある場所は脱毛できません。
この記事では、ほくろがある場所に脱毛器が使えない理由と肌へのリスクをご紹介します。ほくろから生えているムダ毛を脱毛する方法や解決策も説明しますので、ぜひ参考にしてください。

ほくろがあるところに脱毛器は使えない?

ほくろがあるところへの脱毛はおすすめできません。そもそも脱毛はメラニン色素による黒い部分に光が反応する仕組みです。ほくろは毛と同じくメラニン色素による細胞のかたまりですので、そこに照射するとほくろが光に反応してやけどをするリスクがあります。

実際、脱毛サロンやクリニックでも、ほくろへの直接の施術は避けることが一般的です。
なお、脱毛器の仕組みについては以下の記事でも詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

>脱毛器の仕組みについて徹底解説!種類別の効果や特徴について

知っておくべき、ほくろに照射するリスク

脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式の2つの種類があります。そのどちらにおいても、ほくろに照射することにはさまざまなリスクがあります。また家庭用脱毛器においても同様にお肌を傷つける可能性があるため、照射しないよう十分に注意しましょう。

では、ほくろに照射した場合の危険性を詳しく解説します。

やけどをしてしまう

ほくろに脱毛器を使った場合に一番起こりやすいトラブルは、やけどです。

脱毛器は光がメラニン色素に反応する性質を活かして脱毛を促しますが、そもそもほくろはメラニン色素によって黒や茶色に変色した細胞のかたまりが表面化したもの。つまり、ほくろはムダ毛と似たものであり、脱毛器の光を吸収してやけどを起こしてしまうのです。

ほくろが腫れてしまう

ほくろに脱毛器を照射すると膨らんだ状態になったり、周辺の皮膚が腫れたりします。これは、照射による熱でやけどを起こし、ほくろの上にかさぶたができるためです。かさぶたが剥がれれば膨らみは目立ちにくくなるものの、そのまましこり状に残ったり、まわりの皮膚にも跡が残ったりする可能性があります。

ほくろの色が濃くなってしまう

脱毛器でほくろに照射していると、ほくろの色が濃くなる可能性があります。これは、メラニン色素に反応してやけどを起こし色素沈着することが原因です。

最初は色が濃くなかったほくろも照射を繰り返すうちにやけどの影響で目立つようになってしまう可能性があります。そうなると、さらに脱毛器の光に反応しやすくなり、周辺の皮膚までやけどを広げてしまう恐れがあります。

ほくろができる主な原因とは?

ほくろができる原因は?

そもそも、ほくろができる主な原因は「紫外線」と「摩擦」です。肌は紫外線の刺激を受けると、皮膚を守ろうとして色素細胞のメラノサイトが反応し、メラニン色素を生成します。このメラノサイトが皮膚上で固まったものがほくろの正体です。

ほくろは、繰り返し摩擦が起きる場所でも増える場合があります。たとえば頬杖などの動作や衣類によるウエスト周りの摩擦もほくろの原因となります。

ほくろは細胞が完全に固まって表面化したものなので、一度できると薄くなることはありません。取り除くには、美容クリニックや皮膚科によるレーザーで除去する必要があります。

なお、肌は通常、表面から少しずつ角質が剥がれて新しい皮膚に変わっていく「ターンオーバー」を繰り返しています。このターンオーバーは、日々のストレスや食生活の乱れによる栄養不足、ホルモンバランスの乱れにより周期が乱れる場合があります。すると本来剥がれるはずだったメラニン色素が肌にとどまり、シミやほくろになるのです。摩擦や紫外線に気をつけていてもほくろが増えてしまう方は、生活習慣の見直しも必要です。

ほくろがある肌の脱毛を行う3つの方法

ほくろがある部分は絶対に脱毛できないわけではありません。
ほくろ周辺の肌に照射するには次の3つの方法があります。

ほくろがある場所を避けて照射する

ほくろがある場所から少し離れた位置であれば照射は可能です。ただし家庭用脱毛器で自ら照射する場合は、うっかり見えていない位置にあるほくろに照射してしまう可能性もあるため、注意が必要です。

白いシールをほくろに貼って保護する

脱毛サロンやクリニックによっては、ほくろの上に白いシールを貼って保護して照射するところもあります。ほくろのすぐ近くにあるムダ毛に照射したい方にはおすすめの方法です。
白いシールは通販などでも購入できるため、家庭用脱毛器で施術する場合でも活用する安心して施術ができます。

脱毛サロンでおなじみの脱毛ラボが提供する「脱毛ラボ プロエディション」には、ほくろ隠し用シールが商品と一緒に入っています。
別で購入する必要がなく、商品が届いたその日にすぐ脱毛できるのでおすすめです。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

出力レベルを下げて照射する

ほくろがやけどしないよう、照射の出力レベルを下げるのも方法の一つです。弱いレベルに設定することで、ほくろへのダメージを軽減できます。

また、ほくろがそこまで大きくない場合や色が薄い場合は脱毛器でケアできる場合もありますが、どれだけ出力を下げてもやけどの可能性はゼロにはできません。もしほくろ付近に使用する際は、すぐに患部を冷やして保湿できる環境を整えたうえで照射をしましょう。

ほくろから生えている毛の脱毛はできる?

ほくろから生えているムダ毛はできるだけなくしたいものです。しかし、フラッシュ式もレーザー式もほくろの黒い色に反応するため、基本的にクリニックであっても処理できません。

もし、ほくろから生えている毛をなくしたい場合には、ニードル脱毛がおすすめです。ニードル脱毛は、電気針を毛穴に入れ通電させて発毛組織を破壊する脱毛方法で、一部のクリニックや皮膚科でのみ受けられる施術です。1本ずつ毛穴に入れて施術するため時間がかかるだけでなく、強い痛みを伴います。しかし、毛穴の発毛組織を破壊するので半永久的に生えることはありません。
ほくろから生える毛に悩んでいる場合は、ニードル脱毛による施術を検討してみましょう。

脱毛とほくろに関するうわさは本当?

脱毛によってほくろが増えた、サイズが変わったといった口コミを見かけることがあります。中にはほくろそのものが取れてしまったとの意見もありますが、脱毛でほくろはどのように変わる可能性があるのでしょうか。気になる脱毛とほくろのうわさの答えをご紹介します。

脱毛するとほくろが増える・大きくなる

「脱毛でほくろの数が増えた」
「サイズが大きくなって目立つようになった」
このようなお肌の変化は、施術の光が直接の原因ではなく、あくまで紫外線や摩擦の影響による変化です。フラッシュ式もレーザー式も紫外線とはまったく違う特殊な光を照射する方法ですので、照射が直接ほくろを増やす原因にはならないのです。

施術でほくろが大きくなったと感じる原因としては、ターンオーバーを繰り返すうちに新しいシミが表面化したケースが考えられます。また、気づかないうちに浴びた紫外線や日常動作による摩擦が新しくメラノサイトに刺激を与え、ほくろを作る場合もあります。

脱毛したあとは光の刺激によってお肌が乾燥しがちです。乾燥したお肌はバリア機能が衰えた状態であり、普段よりも紫外線や摩擦の刺激に弱くなっています。うっかり紫外線を浴びたりお肌をこすったりすると新しくほくろを作る原因になるため注意しましょう。普段から紫外線対策を徹底し、お肌を刺激しないことが、ほくろの予防につながります。

脱毛するとほくろが消える

「脱毛したらほくろがきれいに消えた」 という口コミを見かけることがあります。これは施術による光の影響であり、脱毛によってほくろが消えることはありません。

可能性として考えられるのは、何らかの事情でほくろに光が照射され、かさぶたができた場合です。かさぶたが剥がれるときにほくろの色素も一緒に剥がれ、消えたように見えることがあります。

しかし、だからといってほくろを狙って家庭用脱毛器で照射するのは非常に危険です。かさぶたどころか、やけどによる色素沈着のリスクが高まります。

もう一つ考えられるのは、脱毛しているうちにターンオーバーが進んで自然とほくろが薄くなったり取れたりするケースです。特にサイズが小さいほくろや、色が薄いほくろは摩擦で取れることがあります。

ほくろは避けて脱毛するのが安心!

ほくろがある箇所にセルフで家庭用脱毛器を照射することは大変危険です。やけどする可能性があるため、必ず避けて照射しましょう。

ほくろは紫外線やお肌の摩擦で増えてしまったり大きくなったりすることもあります。脱毛器の仕様と共に毎日のお肌のケアを欠かさず、規則正しい生活を心がけながら、美しくつやつやしたお肌を目指してください。

こんな記事も読まれています

脱毛器で眉毛の脱毛はできる?後悔しないために知っておくべきリスク

家庭用脱毛器でやけどはする?原因と未然に防ぐ方法を徹底解説

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能?自宅でできるセルフ脱毛の方法を紹介

家庭用脱毛器の効果を高めるコツ!正しい選び方と使用上の注意点を解説