ここから本文です

家庭用脱毛器の使用前後は保湿が重要!部位別のケア方法も紹介

家庭用脱毛器の使用前後の保湿

家庭用脱毛器を使って脱毛をする際には、保湿ケアが欠かせません。保湿されていないお肌では脱毛効果が十分に発揮できないからです。さらに、シワやくすみ、シミなどさまざまな肌トラブルが起きる可能性も高まります。

この記事では、脱毛前後の保湿の重要性や、保湿を怠った際の肌トラブルなどについて解説します。
家庭用脱毛器を使う前に、ムダ毛のないきれいな肌を手に入れるための保湿ケアについてぜひ知っておきましょう。

なぜ脱毛前後の保湿は重要なのか?

肌が乾燥していると角質層が厚くなり光が毛根まで届きにくいため、脱毛効果が低くなります。光が届いたとしても角質層が邪魔をしてムダ毛が外に出られず、埋没毛になる恐れがあります。さらに、乾燥しているお肌は敏感で刺激も感じやすいため、思ったような照射レベルにすることができません。

また、脱毛後のお肌は照射時の熱により乾燥しやすくなります。放置しているとどんどん水分が蒸発していき、粉吹きやひび割れ、かゆみ、赤みなどの肌トラブルにつながります。このようなお肌には照射できず、改善されるまではお手入れができません。                 
スムーズに脱毛を進めるためにも、脱毛前後の保湿はとても大切なのです。

脱毛前後に肌を保湿するメリット

脱毛前後に肌の保湿をすると、主に以下の3つのメリットが得られます。

脱毛の効果が高まる

保湿されている肌は水分量が多いため、ハリがありやわらかい状態です。毛の成長サイクルである毛周期も安定しています。そのため、脱毛効果が得られる成長期の毛を捉えやすくなるでしょう。また、保湿されている肌は光が毛根まで届きやすいといわれており、家庭用脱毛器の効果が高まります。

照射時の痛みが和らぐ

脱毛は、照射による熱を毛根に与えて弱らせることで効果を発揮します。
そのため、熱による熱さと痛みを伴うことがほとんどです。

十分に保湿されているお肌は、水分量が高くうるおいのある状態です。この水分があるおかげで、熱の刺激を和らげることができます。さらに、痛みも感じにくいため、適切な強さまで照射レベルを上げることも可能となり、しっかりと脱毛効果が得られるようになります。

肌トラブルの可能性が低減する

保湿されている肌は外部刺激から肌を守るバリア機能が高い状態です。そのため、照射によるやけどや炎症、赤み、乾燥、ニキビなどが起こりにくくなります。
脱毛前後だけでなく、日常的に保湿をしっかりと行って、肌状態を整えておきましょう。

部位別の正しい保湿方法

部分別の正しい保湿方法

適切な保湿方法は部位ごとに異なり、正しい方法でケアをしないと刺激を与えて逆効果になることもあります。
各部位ごとに適切な保湿ケアを見てみましょう。

身体

身体は衣服との摩擦で日常的に乾燥しやすくなっています。また、冬場など季節によっても非常に乾燥しやくなります。ボディローション、ボディクリーム、オイルなどを使った保湿を日常的に行いましょう。ボディローションで水分を与えてから油分であるボディクリームで蓋をします。水分と油分のバランスが良いことが、潤いのある肌作りにはかかせません。

また、身体を洗うときにボディタオルを使うのはやめましょう。肌への刺激が強く、乾燥を引き起こす原因の一つとなるからです。たっぷり泡立てたボディソープや石けんを、手でなでるようにして洗いましょう。

顔の皮膚は非常に薄いため、水分補給をしっかり行わなければすぐに乾燥してしまいます。また摩擦にも弱く肌トラブルも起こしやすいため、優しくケアしましょう。

基本的には、化粧水で水分補給してから油分である乳液を重ねます。いつもより乾燥が気になるときや肌の悩みがあるときは、保湿力の高いクリームや美容液を重ねてつけるようにしましょう。

デリケートゾーン

デリケートゾーンは、普段から下着の締め付けと摩擦による刺激を受け、汗やおりものなどで蒸れて不衛生になりがちです。保湿をする前にシャワーで洗い流し清潔にしましょう。シャワー後は敏感肌用のボディローションとボディクリームを使い、清潔な指で優しくなじませてください。

なお、デリケートゾーン専用の保湿アイテムもあります。
よりデリケートゾーンに適した仕様になっているのでおすすめです。

脱毛前後に保湿をしないとどうなるか?

脱毛前後に保湿をしないと肌に大きな影響を与えることになります。主な3つの症状を解説します。

シワができてしまう

肌の水分量が低下すると老化現象が起こりやすくなります。シワだけではなく、くすみやシミもできやすくなるため、見た目年齢が実年齢よりも高くなってしまうことも。特に脱毛後の保湿を怠り放置すると危険です。シワが深くなりひび割れなどを起こすだけでなく、炎症が起きてしまう場合もあり、肌状態はどんどん悪化していきます。

 

乾燥肌や敏感肌になる

肌の水分量が少なくなると乾燥肌や敏感肌になります。カサカサするだけでなく、粉を吹いたり炎症を起こしたりなど、肌トラブルが続くことにもなりかねません。また保湿をするときも化粧品がしみて痛みを伴うことがあります。少しの刺激でも肌が大きなダメージを受ける状態となり、今後の脱毛を進めることが難しくなるでしょう。

炎症の痕の治りが遅くなる

通常、肌はターンオーバーを繰り返し生まれ変わっています。しかし、乾燥しているとターンオーバーが乱れてしまい、古い皮膚が蓄積されてしまいます。そうすると、炎症の痕やニキビ跡など、本来なら消えていくものがなかなか治らなくなってしまいます。

保湿グッズにはどんな種類がある?

保湿グッズにはたくさんの種類があります。

  • ・化粧水
  • ・ボディミルクローション
  • ・フェイスクリーム
  • ・オールインワンゲル
  • ・ホホバオイル

などが代表的なもので、自分の肌状態に合わせて使い分けることが大切です。

脱毛前後の肌は刺激を受けやすいデリケートな状態なので、無着色・無香料・アルコールフリーといった、敏感肌の方が使えるようなアイテムを選びましょう。

脱毛後の保湿ケア以外の注意点

脱毛後は保湿ケア以外にも注意しなければならないことがあります。

まず、血行が良くなり体温が上がるような行為はNGです。主に飲酒や入浴、サウナ、運動などが挙げられます。入浴は湯船に浸からずシャワーですすぐ程度にしましょう。

また、日焼けには十分に注意しましょう。日焼けしている肌に照射するとやけどや炎症を起こす可能性があるからです。肌状態が落ち着くまでは脱毛も休まなければなりません。

脱毛効果を最大限に高めるためにも保湿は重要!

肌を保湿することは脱毛効果を最大限に高めるうえでとても大切です。乾燥した肌では、脱毛効果が十分に発揮されないだけでなく、さまざまな肌トラブルを招きます。脱毛前後だけではなく、普段からしっかりと保湿ケアをしましょう。 保湿ケアの他、飲酒や運動、入浴、日焼けなどにも注意して、スムーズな脱毛を実現しててください。

脱毛後の保湿は大切ですが、肌荒れなどのトラブルを避け、安全に脱毛するためには照射前に施術箇所を冷やしておくことも非常に重要です。
ですが、保冷剤やジェルを使用するのは面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。
そんな方におすすめなのが、脱毛サロン店舗を全国各地に構えている脱毛ラボが開発した「脱毛ラボ プロエディション」です。
照射口そのものが直接冷えるクリスタル冷却の技術を採用しているため、保冷剤やジェルで冷やす必要がありません。
前日までにムダ毛の処理さえしておけば、思い立ったタイミングでムダ毛ケアをすることができます。
その他にも、照射パワーやスピードも今までのムダ毛ケア機器よりパワーアップしています。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

こんな記事も読まれています

家庭用脱毛器で永久脱毛は可能?自宅でできるセルフ脱毛の方法を紹介

家庭用脱毛器の効果を高めるコツ!正しい選び方と使用上の注意点を解説

家庭用脱毛器の使用頻度はどれくらい?毎日使う危険性と効果が出るまでの期間

家庭用脱毛器の種類を徹底比較!効果や痛みで分かる特徴まとめ