ここから本文です

メンズ向け脱毛器で期待できる効果とは?
正しい選び方と注意点を解説

メンズ向け脱毛器の効果

ヒゲや腕、胸毛などの体毛の濃さに悩む男性は少なくありません。最近では脱毛サロンやクリニックに通ってヒゲや全身脱毛する男性も増えてきました。
しかし、お店に通うことはまだハードルが高いと感じる男性も多く、費用面で悩む方もいらっしゃいます。

そんな男性のムダ毛ケアにおすすめしたいのが家庭用脱毛器です。
この記事では、家庭用脱毛器を男性が使うメリット、選び方のポイントなどをご紹介します。

メンズ向け脱毛器で期待できる効果

男性がムダ毛で特に気になっている部分として、主に次の4ヵ所が挙げられます。

  • ・ヒゲ
  • ・胸毛
  • ・すね毛
  • ・VIO

ムダ毛が濃い部位や太いムダ毛が多い部位が特に気になりがち。
ヒゲや胸毛はしっかりケアをしていないと、女性からの印象もよくない傾向もあります。
今まではカミソリや電動シェーバーでも処理が一般的でしたが、脱毛をする男性も増えてきています。継続して脱毛することで、ムダ毛が細くなったり生えるスピードが遅くなったりするなど、除毛や減毛が期待できます。
特にヒゲは毛が硬く伸びるスピードも早いことから、家庭用脱毛器でケアする男性が増えています。

メンズ向け家庭用脱毛器の選び方

メンズ向け家庭用脱毛器を選ぶときは、脱毛方式や部位などを必ずチェックしましょう。

男性のムダ毛は女性と比べて太く、密度が高い傾向にあります。
特にヒゲなどの太くて頑丈なムダ毛は納得のいく状態になるまでに時間がかかりますが、根気強く家庭用脱毛器を使っていけば毎日のヒゲ剃りの負担が楽になります。

脱毛方式で選ぶ

家庭用脱毛器には「フラッシュ式」と「レーザー式」の2つがあります。
フラッシュ式は脱毛サロンで導入されている方法で、照射範囲が広くスピーディーなところがメリットです。
レーザー式は高出力の照射ができますが、代わりに照射面積が狭く痛みが強く出やすい方式となっています。

どちらもメリットとデメリットがありますが、男性が使用するならフラッシュ式がおすすめです。
広範囲を一度にケアできるため、ムダ毛が多い男性でもスムーズに処理ができます。

脱毛できる部位で選ぶ

家庭用脱毛器は、製品によってそれぞれ脱毛可能な部位が異なります。
特に顔は、まったく使用できない製品もあれば、顔の下半分だけに使える製品、顔全体のほとんどに照射できる製品まで、さまざまなものがあります。
ヒゲのケアを検討している場合は、顔にも照射できる家庭用脱毛器を選びましょう。

照射パワーの調整機能で選ぶ

人によってお肌の状態は違うため、照射パワーが調整できる家庭用脱毛器を選ぶのがおすすめです。

5段階の調整レベルがあれば、まずはレベル1や2の弱い照射から試してみます。
もしレベル1や2でお肌に問題がなければ、照射レベルを少しずつ上げていきます。

メンズ向け脱毛器で脱毛効果が出るまでの時間

家庭用脱毛器は、一回のケアですぐにお肌の状態が大きく変わるものではありません。
個人差はあるものの、変化を実感できるまでは平均10回程度の照射が必要です。

照射する部位によっても効果が出るまでの時間に違いがあります。特に毛が太く濃い部分ほど時間がかかる傾向にあり、ヒゲやすね毛などの場合、他の部位よりも照射回数が多くなりがちです。人によっては10回照射しても目指していた状態にならないことも。

ちなみに、家庭用脱毛器は平均2週間に1回の使用が推奨されています。
月に2回照射するスケジュールなら、変化を実感するまでに4ヵ月の期間が必要です。

メンズ向け脱毛器を使うときの注意点

メンズ向け脱毛器の注意点

家庭用脱毛器を使うときには肌に負担をかけないよう注意が必要です。
ここでは、安全にケアを続けるために知っておきたい注意点を5つご紹介します。

使用前にパッチテストを行う

家庭用脱毛器をはじめて使う部位には必ずパッチテストを行いましょう。
照射レベルが5段階ある製品なら1~2のレベルに設定し、ケアしたい部位に一回照射します。照射したときの痛みが我慢できる程度か、その後炎症がないか様子を見ます。翌日になって赤みが目立つ可能性もありますので注意が必要です。
翌日になって特に肌トラブルや乾燥が気にならなければ、あらためてケアを行いましょう。

使用説明書通りに使う

家庭用脱毛器は自分のペースで自由にケアできるアイテムです。
だからこそ、使用説明書をしっかりと読みルールを守ることが安全につながります。

特に気を付けたいのは使用頻度です。脱毛器は毛周期に合わせて照射を続けることで脱毛を促します。
毛周期とは、「成長期、退行期、休止期」の主に3つのサイクルによる毛の生え変わりの周期です。
体毛は成長期に伸び、退行期になると成長が止まり、休止期にかけて抜けます。成長期に照射するのが最も効果が期待できるとされています。

この毛周期は部位によって異なるため、1回の照射ではすべてのムダ毛にアプローチできません。
毛周期に合わせるためには、早くても2週間に1回のペースで照射しましょう。早く変化を実感したいからといって毎日のように照射することは控えてください。光による刺激でかえって肌が乾燥したり、炎症を起こしたりする場合があります。
また、照射できる部位も製品によって異なります。取扱説明書に記載された範囲を守って安全に利用しましょう。

前日までにムダ毛を処理しておく

家庭用脱毛器はムダ毛を処理した状態のお肌に照射します。
ムダ毛が生えたままだと光がムダ毛に吸収され、せっかくのケアがムダになってしまうばかりか、やけどや炎症の原因となってしまいます。

カミソリや電動シェーバーでムダ毛を剃ったあとは、肌が摩擦の刺激で弱っています。そこにすぐ家庭用脱毛器を使うと乾燥や炎症を引き起こす可能性があるため、前日のうちに剃っておきましょう。
敏感肌の方は、できるだけ肌への負担が少ない電動シェーバーでの処理がおすすめです。
ムダ毛を処理したあとは化粧水やクリームで保湿して翌日に備えましょう。

使用後の保湿ケアを徹底する

家庭用脱毛器を使ったあとは丁寧に保湿ケアを行いいましょう。
顔だけでなく、体に照射した場合も忘れずに保湿することがポイントです。光の刺激により炎症や乾燥を起こしている可能性があります。乾燥した状態が続くと紫外線や外気による刺激を受けやすくなり、肌荒れにつながってしまいます。

また、菌が入り込んで毛穴が炎症を起こす「毛嚢炎」のリスクも高まります。家庭用脱毛器を使ったあとはすみやかに保湿しましょう。照射した翌日以降もこまめにボディクリームなどで保湿することが大切です。

脱毛後の飲酒を控える

脱毛した日の飲酒は控えましょう。アルコールを摂取すると血管が拡張し、全身の血の巡りが良くなります。
すると体温が上がり、照射した部分にかゆみや赤みが出る可能性があります。照射した当日は肌が刺激を受けて敏感になっているため、余計にダメージを与える原因になります。
少なくとも照射する前後12時間は飲酒を控えましょう。

男性も脱毛することで清潔感UP!

男性の毎日のヒゲ剃りは時間がかかるだけでなく、カミソリやシェーバーによる肌への負担もかかります。
脱毛すればヒゲ剃りの頻度が減り、毎日のお手入れが楽になるはずです。
また、すね毛や胸毛などの気になる部位を脱毛することは清潔感アップにつながります。

以前から、男性向けに家庭でムダ毛処理ができる機器を販売していた脱毛ラボが新たな家庭用機器「脱毛ラボ プロエディション」を開発。全身ケアに使えるのはもちろんのこと、サロン級の照射パワーで男性の濃いムダ毛にもアプローチすることができます。
ヒゲやVIOなどのデリケートゾーンに特化した付け替えのハンドピースもあり、お悩みに応じて最適なムダ毛ケアができるようになっています。
家庭用脱毛器ならお店に通うことに抵抗がある男性でも自分のペースでケアを続けられますので、まずは気軽にできるセルフケアとして家庭用脱毛器に挑戦してみてはいかがでしょうか。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

こんな記事も読まれています

家庭用脱毛器でうなじの脱毛はできる?

家庭用脱毛器でうなじの脱毛できる?魅力的なデザインや注意点について

家庭用脱毛器と脱毛サロンは併用はできる?

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いは?併用はできる?両者のメリット・デメリットを徹底解説

家庭用脱毛器でお腹の脱毛は可能?

家庭用脱毛器でお腹の脱毛は可能?やり方や注意点を解説

家庭用脱毛器による肌トラブルの危険性

家庭用脱毛器による肌トラブルの危険性とは?正しい選び方と使い方を解説