ここから本文です

家庭用脱毛器で埋没毛が改善?埋没毛の原因や予防法を徹底解説

家庭用脱毛器で埋没毛が改善?

剃ったり抜いたりしてもすぐに生えてくるムダ毛に対してうんざりしている女性は多いことでしょう。また、自己処理の後に起こりがちな「埋没毛」も見た目が悪いので気になりますよね。

埋没毛は、腕や脇、足、Vライン、眉毛などあらゆる部位に生じます。放置したり間違った方法で除去したりすると、毛嚢炎などの炎症を引き起こす恐れがあります。

この記事では、そんな埋没毛の原因や対処法、埋没毛が起こりにくい状態を目指すための予防法をご紹介します。

埋没毛とは?

埋没毛とは、毛が皮膚の中に埋もれてしまった状態のことをいいます。黒い点状のものやニョロッと長い筋状のものなどが肌に見えてしまったことがある方は多いのではないでしょうか。

よく起こるトラブルのため軽視してしまいがちですが、埋没毛は毛穴の異常です。悪化することで毛嚢炎などの炎症を引き起こしてしまう可能性もあるため、適切に対処することが大切です。

埋没毛になってしまう原因は?

カミソリや毛抜きを使った自己流のムダ毛処理は、埋没毛を引き起こす原因の一つとなります。

ムダ毛を処理すると、表皮が傷ついて雑菌が入ってしまうことがあります。すると傷や炎症を治そうとして治癒力が働きますが、その過程で毛穴が塞がってしまう状態がしばしば起こります。

埋没毛ができやすい部位について

埋没毛は、以下のような部位にできやすいといわれています。

  • ・腕や脇、足、Vライン、眉毛など頻繁にセルフ脱毛する部位
  • ・脇や膝、すねなど太くて強い毛が生えている部位
  • ・脇やVラインなどバラバラの方向に毛が生えている部位

どの部位であっても、頻繁に自己処理していれば肌への負担が大きくなり、埋没毛ができやすくなってしまいます。また、カミソリで毛流れと逆の方向に剃ってしまったり、深く剃ってしまったりすることも、埋没毛を引き起こす原因の一つとなります。

急いで剃ったり切れ味の悪いカミソリを使ったりするような自己処理は、肌を傷めるだけでなく埋没毛が目立つ肌を自ら作っているようなものです。頻繁に埋没毛が起きてしまう方は、これを機にムダ毛処理の方法を見直しましょう。

埋没毛になってしまったときの対処法

埋没毛になってしまったときの対処法

埋没毛ができてしまったとき、毛抜きや爪などでほじくり出すのはNGです。では、どのように対処すべきなのでしょうか。3つの方法を解説します。

化粧水やクリームで保湿する

まずは荒れた肌を正常化することが大切です。表皮の傷や毛穴の炎症をケアするために、化粧水やクリームで保湿しましょう。なお、保湿の際にはお肌に摩擦を与えないようにしてください。

ピーリングやスクラブを行い角質を除去する

肌荒れが治まったら、ピーリングやスクラブで角質を除去します。ピーリングやスクラブには表皮の角質を溶かす作用があるため、埋まっている毛が肌の表面に出てくるように促すことができます。

ただし、お肌のターンオーバー(新陳代謝)が促され毛が皮膚の上に出てくるまでにはある程度の期間が必要です。強くこすってしまうと炎症が再び起きてしまう可能性もあるため注意しましょう。また、ピーリングやスクラブの後は保湿ケアを徹底するのがおすすめです。

美容外科や皮膚科に通う

肌が弱い方は肌荒れを起こしやすく、ピーリングやスクラブが向かないケースもあります。保湿ケアや角質を除去する対処法を試してもなかなか良くならないのであれば、美容外科や皮膚科のお医者さんに相談してみてください。

埋没毛を作らないための予防法

埋没毛は以下のような対策を取ることで避けられます。埋没毛を作らないための予防法を3つご紹介します。

日頃から丁寧に保湿を行う

まずはお肌のバリア機能を正常に保つことが重要です。バリア機能は肌表面にある角質が担っており、油分や水分といった保湿のバランスを保つことや肌の内部に雑菌が入らないようにする働きがあります。しかし、乾燥によってお肌が荒れてしまうとターンオーバーが遅くなって肌が分厚く固くなるため、埋没毛ができやすくなってしまいます。

このような悪循環を防ぐためにも、日頃から丁寧に保湿ケアすることが大切です。セルフ脱毛後の保湿はもちろん、お風呂上がりや乾燥が気になったときなど、ローションやジェルなどを使ってこまめに保湿しましょう。

生活習慣を整える

埋没毛ができにくいお肌の状態を目指すためには、肌のターンオーバーを促すことが大切です。ターンオーバーとは、お肌にある細胞が生まれ変わるサイクルのことで、バランスの取れた食事や睡眠時間の確保、適度な運動を心がけることが大切です。

また、体温が下がると基礎代謝も落ちてしまうため、低体温気味の方は身体を冷やさないように工夫すると良いでしょう。デトックス作用のあるマッサージや食品を取り入れる方法もおすすめです。

正しい方法で脱毛する

カミソリやピンセットでの自己処理は肌が傷つきやすいため、埋没毛を引き起こしてしまう原因の一つとなります。このような自己処理をしている方は、毛穴にダメージを与えにくい家庭用脱毛器や電気シェーバー、除毛クリームを使うようにしましょう。ただし、この場合も保湿や角質ケアを徹底し、ターンオーバーが乱れないように気をつけることが大切です。

中でも埋没毛や毛穴に配慮できる方法が、家庭用脱毛器を使ったセルフ脱毛です。家庭用脱毛器は一般の方でも簡単に使えるよう安全性に配慮されており、他の方法に比べてお肌にやさしく安心できる脱毛方法です。

「保湿や角質ケアを徹底しお肌に配慮した自己処理をしているにもかかわらず、埋没毛が一向に治らない…」という場合は、一度皮膚科を受診してみましょう。  

適切な脱毛方法で埋没毛を防ごう!

埋没毛を作らないために必要なのは、日頃からのこまめな保湿と生活習慣を整えることです。また、適切な脱毛方法を徹底し、お肌への負担をやわらげるようにしましょう。

埋没毛の予防には、家庭用脱毛器を使ったムダ毛ケアをぜひ取り入れてみましょう。カミソリや毛抜きでの処理に比べてお肌への負担が少なく、安心して綺麗な素肌を目指せます。
自宅でのムダ毛ケア機器でおすすめなのが、脱毛ラボが開発した「脱毛ラボ プロエディション」です。全国に脱毛サロンを展開する脱毛ラボがより手軽にサロン級レベルのムダ毛ケアができるようにと開発しました。パワーはもちろんのこと、1秒に6連射のハイスピードで照射できるので、全身のケアが約5分で完了します。忙しくてムダ毛ケアの時間がなかなか取れないという方にもおすすめです。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

こんな記事も読まれています

家庭用脱毛器で背中の脱毛はできる? 処理方法とケアについて

家庭用脱毛器とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

VIO脱毛ができる家庭用脱毛器!選び方と安全に処理するコツ

顔に使える家庭用脱毛器!正しい選び方と嬉しい美顔効果について