ここから本文です

家庭用脱毛器はどう選ぶ?自分に合う脱毛器の選び方を徹底解説

家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器があれば自宅でも手軽にムダ毛のお手入れができます。
サロンやクリニックのような予約の必要がないため、家庭用脱毛器は忙しくて店舗に通えない方におすすめです。

しかし、家庭用脱毛器は慎重に選ばなければ効果面などで悩みを抱えてしまうリスクもあります。
そのため、自分に合ったものをしっかり選ばなければいけません。
今回は、家庭での脱毛をより効果的なものにするために知っておきたい、家庭脱毛器の選び方について解説します。

知っておくべき脱毛器の種類

ひと口に家庭用脱毛器と言っても機器によって脱毛方式は異なりますが、中でも主流なのが、フラッシュ式とレーザー式です。

フラッシュ式は毛根や毛乳頭にダメージを与える光を照射することで発毛を抑制していきます。
一度の照射範囲が広いものであればあるほど全身にかかる照射スピードも短く、手間を省きながらお手入れができます。

レーザー式は毛根やメラニン色素に反応するレーザーを照射する脱毛方法で、医療機関で行われる施術に近いものです。効果面ではレーザー式の方が出やすいものが多いですが、痛みを感じやすく照射口が狭めに作られたものが多い傾向にあります。

脱毛方式には他にも、サーミコン式、ローラー式、高周波式などさまざまなものが存在します。
詳しい種類や脱毛方式については以下の記事も解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

>家庭用脱毛器の種類を徹底比較!効果や痛みで分かる特徴まとめ

自分に合った家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器は自分の肌や毛質に合ったものを選ぶ必要があります。では、自分に合った家庭用脱毛器を選ぶにはどのようなポイントをチェックすべきなのでしょうか。
ここでは、家庭用脱毛器の選び方についてご紹介します。

脱毛方式から選ぶ

家庭用脱毛器は脱毛方式によってさまざまな種類が存在します。
脱毛方式によってアプローチしやすい毛質が異なるため、処理したいムダ毛の特徴から選びましょう。

たとえばフラッシュ式脱毛器に注目してみると、脱毛方式はさらに細分化され、メラニン色素を含む黒く目立つ毛に効果を発揮しやすいIPL式や色素の薄い産毛にも効果的なSHR式などが挙げられます。
またSSC式の脱毛器であれば肌への負担も少なく、敏感肌でも安全に脱毛したい人にぴったりです。

照射面積から選ぶ

家庭用脱毛器を使う際は、自分で脱毛したい箇所に機器の照射口を当ててお手入れしていくことになります。
この照射口が広ければ広いほど一回で脱毛できるエリアも広くなるため、お手入れの手間が減ります。

また、照射口が広い脱毛器は照射漏れを防ぐことにもつながります。
照射漏れが多くまばらにムダ毛が残ってしまうと、さらにお手入れの時間や手間がかかってしまいがちです。
照射漏れがないよう念入りに照射する必要があります。

一方、脱毛方式を優先して選びたい場合や顔やVIO・脇など凹凸の多い場所を集中してお手入れしたい場合は、照射口の狭い家庭用脱毛器を選ぶのも選択肢の一つです。

照射レベルの調整機能から選ぶ

家庭用脱毛器でのお手入れをスタートすると、最初のうちは脱毛特有の痛みを強く感じてしまう恐れがあります。
そのため、出力を細かく調整できる脱毛器を使い、必要に応じて出力を操作できる脱毛器のほうがお手入れがスムーズです。

特にVIOや脇は光が強く反応する黒く太い毛が密集しており、さらに皮膚が薄く神経が密集している部位なので、痛みを感じやすい傾向にあります。
そのため、これらの部位においては最初のうちは出力を弱めに調節してお手入れしていくのが良いでしょう。

脱毛の痛みを我慢する必要はありません。無理に我慢せず、ストレスのない範囲で脱毛できる出力に細かく調整しながら優しくお手入れしていくことが大切です。

最大照射回数から選ぶ

ほとんどの家庭用脱毛器にはそれぞれ照射可能な最大回数が決まっています。
最大照射回数は15万回~30万回ほどのものが多く、その回数を超えると買い替えや別売りのカートリッジを購入しなければ使用できません。
脱毛器によっては照射回数が2倍ほど異なる場合もあるため、一回あたりの照射コストで選ぶ方法もあるでしょう。

脱毛はお肌の上に何度も光を照射してムダ毛にアプローチしていきます。1照射あたりの照射コストはそう高額でなくても、それが10万回、20万回と重なっていくと、差はどんどん大きくなります。
特に全身のお手入れをしたい場合は、照射回数が膨大になることを見越して、できるだけ1照射あたりの金額が安いものを選びましょう。

1照射あたりのコスパがよい商品として、脱毛ラボが開発した「脱毛ラボ プロエディション」が挙げられます。
全国に脱毛サロンを展開している脱毛ラボが開発した機器なので、効果や安全性についても安心して使用できます。
そんな脱毛ラボ プロエディションは、1照射あたりたった0.08円、全身ケアに1,000発使用したとしても約80円とコスパの良さは圧倒的です。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

ランニングコストから選ぶ

照射回数と合わせて注目したいのが、家庭用脱毛器のランニングコストです。
脱毛器によっては、機器本体を購入すればそれだけでお手入れが完結するとは限らないものもあります。
別売りの専用カートリッジやお手入れ用の専用ジェル、クリームを購入しなければいけないケースも。
脱毛器そのものの照射コスト・電気代とともに、別で掛かる費用にも注目して脱毛器を選びましょう。

もう一つ覚えておきたいのが、家庭用脱毛器を使ったお手入れでは永久的な効果は期待できないことです。
一時的にムダ毛を処理できてもまた生えてくる可能性は十分にあるため、お手入れ用として長期的に使える機器かどうかにも注目して選ぶ必要があります。

家庭用脱毛器の効果的な使い方

家庭用脱毛器の効果的な使い方

家庭用脱毛器を使うには、事前にムダ毛をシェービングしてから使用する必要があります。
特に電気シェーバーは肌表面を傷つけるリスクが少なく、お手入れ前の肌へのダメージを抑えられるためおすすめです。

また脱毛器は肌が完全に乾いた状態で使用し、過剰な熱を与えないようにすることも忘れてはいけません。
効果的な使用間隔は2~8週間ほどと、サロンでの施術よりもやや頻度は高めです。
もちろん頻度に合わせて必ずお手入れしなければいけないわけではなく、体調や肌の調子が優れないときは大事を取ってお手入れをお休みしましょう。

また、顔脱毛をする際は先にメイクを落としてから行う必要があります。
メイクが肌に残ったままお手入れすると、本来毛根まで届くはずの光が遮られてしまい、十分な効果を期待できなくなる恐れがあるからです。

使用後は、顔・体問わず十分に保湿をすることで安全にムダ毛をお手入れしていきましょう。
家庭用脱毛器の効果的な使い方については以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

>家庭用脱毛器の効果を高めるコツ!正しい選び方と使用上の注意点を解説

家庭用脱毛器の使用上の注意点

家庭用脱毛器は毛周期に合わせて使用する必要があります。
毛周期とはムダ毛が生えて抜け落ちるまでの周期のことで、腕や脚などの一般的なムダ毛は1~2ヵ月ほどが目安です。
そのため、最初のうちは1~2週間の頻度でお手入れして少しずつ毛根や毛乳頭にダメージを与え、効果が実感できたら1~2ヵ月ほどにお手入れのペースを落としていきましょう。

また、顔やVIOは特に肌がデリケートで、家庭用脱毛器によってはそれらの箇所への使用を禁止している場合もあります。脱毛したい部位に対応した脱毛器かどうかを必ずチェックするようにしましょう。

合わせて大切にしたいのが、お手入れ直後の冷却と保湿です。脱毛は肌や毛根に熱を与えるため、使用後はしっかりと冷やし保湿しないと肌トラブルを起こしてしまうリスクがあります。

家庭用脱毛器の正しい使い方については以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。 >家庭用脱毛器の正しい使い方は?使用前の処理方法や注意点について

自分に合った家庭用脱毛器選びをしよう!

家庭用脱毛器を使うことで、自宅でいつでもムダ毛をケアできます。
出力が抑えられているため効果が出るまでのスピードはサロンやクリニックでの施術よりも遅めですが、忙しい人でも手軽に脱毛できるのが家庭用脱毛器の大きなメリットです。

また、家庭用脱毛器は今やさまざまなメーカーから展開されており、中には脱毛サロンが開発に携わっているものもあります。数ある家庭用脱毛器の中からあなたに合ったものを選び、自宅にいながらツルツル肌を手に入れましょう。

こんな記事も読まれています

家庭用脱毛器の種類を徹底比較!効果や痛みで分かる特徴まとめ

家庭用脱毛器の正しい使い方は?使用前の処理方法や注意点について

家庭用脱毛器の副作用は?脱毛前に知っておくべきリスクとは

家庭用脱毛器は剛毛でも使える?使用頻度と正しい選び方