ここから本文です

おでこに使える家庭用脱毛器の選び方!脱毛がおすすめな理由も解説

おでこに使える家庭用脱毛器の選び方

顔の1/3の範囲を占めているおでこは、見た目の印象を大きく左右するパーツの一つです。しかし、「おでこの形がコンプレックスで、いつも前髪で隠している」という方は決して少なくはないはず。
そんなおでこの形は、ムダ毛を処理することできれいに整えられます。そこで注目したいのが、家庭用脱毛器によるお手入れです。

この記事では、おでこに使える家庭用脱毛器の選び方やさまざまな脱毛方法を注意点と共に解説します。

おでこに使える家庭用脱毛器の選び方

家庭用脱毛器ならどれでもおでこに使えるわけではありません。おでこに使える家庭用脱毛器を選ぶ際は以下のポイントを必ずチェックしましょう。

顔の使用範囲をチェックする

顔の使用範囲におでこが含まれている家庭用脱毛器を選びましょう。
顔全体に使えるもの、目から下のみに使えるものなど、範囲が限定されている場合があるからです。 顔全体に使える脱毛器なら、おでこにも問題なく使用できます。

美顔機能が付いているかチェックする

美顔機能が付いている家庭用脱毛器もあります。美顔機能で顔に照射する光は肌が本来持っているターンオーバー機能を邪魔することがないので、あらゆる美肌効果を発揮します。
シミやニキビ跡、くすみ、毛穴の開きを改善へと導いたり、肌のキメを整えたりできます。おでこの脱毛と一緒に肌ケアもできる脱毛器かどうなのかもチェックしておくとよいでしょう。

全国に脱毛サロンを展開する脱毛ラボが開発した「脱毛ラボ プロエディション」は全身に使用できます。
そのため、おでこだけでなく、脇や脚などのムダ毛もケアしたいと思っている方におすすめです。女性には嬉しい美肌モードも搭載しています。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

おでこの脱毛のメリット

おでこの脱毛をすることでさまざまなメリットが得られます。主に実感できる3つのメリットを見ていきましょう。

顔が明るくなり爽やかな印象になる

おでこの産毛がなくなると、顔が明るくなり爽やかな印象を与えることができます。さらに、垢抜けた印象になったり清潔感がアップしたりするのもメリットです。

メイク崩れが起きにくくなる

おでこに産毛があると下地やファンデーションが肌に密着しないため、メイク崩れが起きやすくなります。おでこ脱毛をすることで肌への密着度が高まり、メイク崩れを防ぐことができます。

前髪を上げた髪型に積極的に挑戦できる

産毛がなく生え際の形が整ったおでこなら、前髪を上げた髪型もスッキリときれいにまとまります。今までおでこを出すことに抵抗があった方も積極的に挑戦できるようになるでしょう。

おでこの脱毛で失敗しないためのコツ

おでこの脱毛で失敗しないためのコツ

おでこの脱毛は適当にやってしまうと失敗する恐れがあります。脱毛を始めると形や脱毛範囲の変更が難しいので、事前にしっかりとプランを立てておきましょう。

顔全体のバランスを見て脱毛範囲を決める

顔全体のバランスを見て脱毛範囲を決めることは、おでこ脱毛をするうえでとても大切です。理想的なおでこの範囲は顔全体の1/3程度となります。これ以上に広げてしまうとバランスが悪くなるため注意しましょう。

とはいえ、顔の大きさなどは一人ひとり異なります。必ずしも1/3を守らなければいけないわけではありません。3本の指がピッタリ収まるくらいの範囲がベストとも言われています。顔全体が映る鏡でバランスのいい脱毛範囲を見極めるのが大切です。

生え際のデザインを事前に決めておく

おでこ脱毛では生え際のデザインも重要です。デザインによっておでこを出したときの印象が変わるため、じっくり考えましょう。

主なデザインは以下の3つです。

  • ・アーチ型:おでこをきれいに見せる丸みのある、人気のデザイン。おでこを広く見せたい人におすすめ。
  • ・富士額型:女性らしい上品なデザイン。和装や日本髪、アップスタイルが似合う。
  • ・M字型:元の生え際を生かすナチュラルなデザイン。知的で清潔感のある雰囲気に仕上がる。

おでこ脱毛は、やりすぎると不自然になってしまうので、どのデザインにするにしても控えめに整える程度にしましょう。

脱毛するごとに脱毛範囲を狭めていく

一回目の照射は生え際、2回目は一回目の少し下、3回目はさらに下と、脱毛するごとに範囲を少しずつ狭めていきましょう。そうすることで仕上がりが自然になります。毎回同じところを照射していると、まるでカツラを被ったように不自然になってしまうため要注意です。

セルフでできる!おでこの脱毛方法まとめ

脱毛サロンに行かなくてもおでこ脱毛はできます。主なセルフ脱毛方法を5つ紹介しますので参考にしてみてください。

カミソリ

手軽かつ安価にお手入れできる方法です。脱毛ではなく除毛なので数日で元に戻ってしまいますが、とりあえず今すぐきれいにしたい!という方にはピッタリです。

剃る前にはホットタオルなどで毛を温めて柔らかくして、シェービングフォームなどをおでこに塗って剃りましょう。毛流れにそって優しく剃り、処理後は化粧水と乳液で保湿ケアをします。丁寧に剃らないとケガをする恐れもがあるので注意しましょう。

電気シェーバー

顔用の電気シェーバーは、脱毛サロンやクリニックでもお手入れに推奨しているアイテムです。刃が肌に当たらないためケガや肌トラブルはほとんど起こりません。

剃る際は、カミソリと同じように毛を温めて柔らかくしましょう。あとは希望のデザインになるように剃るだけです。毛流れなどはあまり考えなくても問題ありません。
肌に優しいとはいえ刃の振動などで多少の刺激は受けますので、カミソリと同じように化粧水と乳液で保湿ケアをしましょう。

除毛クリーム

除毛クリームにはタンパク質に反応して毛を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」が含まれており、脱毛したい場所に塗って放置するだけできれいに処理できます。放置後は洗い流すだけなのでとても簡単です。約1週間はきれいな状態がキープでき、カミソリや電気シェーバーと違ってチクチク感もありません。

ただし、体用の除毛クリームは顔へは使用できません。お肌や爪なども主成分はタンパク質なので、チオグリコール酸カルシウムが反応してしまい、痛みや赤み、炎症などの肌トラブルが起きる危険性があるからです。除毛クリームでおでこ脱毛をしたい場合は、必ず顔専用の商品を使いましょう。

また、毎回太ももや二の腕などでパッチテストを行うようにしましょう。パッチテストで肌トラブルが起きた場合は使用せず、他の方法でのお手入れに切り替えます。

ブラジリアンワックス

ハチミツや砂糖から作られたワックスを脱毛したい場所に塗って専用シートで一気に引き抜くお手入れ方法です。おでこにも使用できます。毛根から一気にムダ毛を抜くため、3週間程度きれいな状態をキープできる方もいます。

カミソリや電気シェーバーのようなチクチク感もなくきれいな仕上がりが魅力ですが、多くのムダ毛を一気に引き抜くため痛みを伴います。

家庭用脱毛器

メラニン色素に反応する光を照射して発毛機能を弱らせる家庭用脱毛器。脱毛サロンと同じように、照射回数を重ねていくことで徐々にムダ毛が生えにくくなります。ただし、家庭用脱毛器によってはおでこへの使用を禁止している製品もあるため、必ず確認してから照射しましょう。

また、髪の毛に照射するとやけどをする恐れがあり危険です。おでこに使用できる家庭用脱毛器であっても、髪の毛に光が当たらないようくれぐれも注意しながらお手入れしてください。

おでこの脱毛を行った後の注意点

おでこ脱毛をした後にそのまま放置していると、肌トラブルを招く原因となります。以下の3つの注意点に沿って忘れずにお手入れしましょう。

しっかり保湿をする

おでこ脱毛の後は、化粧水と乳液を使用してしっかり保湿しましょう。脱毛後の肌はダメージを受けており、いつもよりデリケートな状態だからです。普段よりも乾燥しやすく外部からの刺激にも弱いため、かゆみや炎症、赤みなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

保湿するときも摩擦を加えることはせず、優しくなじませましょう。

ゴシゴシとおでこを洗わない

脱毛後はゴシゴシとおでこを洗うのはやめましょう。また、脱毛当日は肌が敏感なので洗顔料の使用は避けます。ぬるま湯で擦らず優しく洗うように心がけてください。

脱毛翌日からは肌状態を見ながら、たっぷり泡立てた洗顔料を使って包み込むように優しく洗いましょう。

紫外線対策を徹底する

家庭用脱毛器でおでこの脱毛をする場合は紫外線対策が必須です。日焼けをした肌はやけどをしやすく、照射ができなくなるためです。また他の脱毛方法においても、日焼けしたデリケートな状態だと痛みが強くなるなどのトラブルが起きるため、脱毛を控える必要があります。

日焼止めクリームや帽子、日傘などを使ってしっかりと日焼け対策をしてください。

脱毛して理想のおでこを手に入れよう!

おでこの産毛がなくなると、顔が明るくなったりメイク崩れが改善されたりと、さまざまなメリットが得られます。おでこの形に自信がなくて前髪で隠しているような方も自信を持っておでこを出せるようになるはずです。

おすすめはやはり、家庭用脱毛器を使った脱毛。自己処理の必要がなくなり、いつでも安心しておでこを出せるようになります。
おでこ脱毛でコンプレックスを解消し、明るい笑顔を手に入れましょう!

こんな記事も読まれています

ニキビがあっても脱毛できる?肌トラブルへの効果と適切な脱毛方法

家庭用脱毛器で黒ずみが軽減できる?黒ずみの原因と予防習慣を解説

脱毛器で眉毛の脱毛はできる?後悔しないために知っておくべきリスク

家庭用脱毛器でやけどはする?原因と未然に防ぐ方法を徹底解説