ここから本文です

脱毛器で眉毛の脱毛はできる?後悔しないために知っておくべきリスク

脱毛器で眉毛の脱毛

お顔の印象に大きく関わる眉毛。眉毛は放っておくとすぐに伸びてしまいますし、毎日のお手入れが意外と大変な部分です。しかし、自己処理が面倒でついつい放置してしまう方も多いのではないでしょうか。  

 

眉毛は脱毛をすることで綺麗に維持することも可能です。ここでは眉毛脱毛で後悔しないために知っておくべきことや脱毛方法についてまとめています。眉毛脱毛後のケアについてもご紹介いたしますので、眉毛脱毛をお考えの方はぜひ参考にしてください。  

脱毛器で眉毛の脱毛はできる?

脱毛器を使った眉毛の脱毛は機能的には可能です。しかし、眉下の部分は皮膚が非常に薄いことに加え、脱毛器の光が目に入ることで視力低下や失明につながる危険性があります。そのためサロンやクリニックでは眉毛脱毛に対応していなかったり、施術可能範囲を眉山や眉間程度に抑えていたりする場合が多くなっています。

家庭用脱毛器でも眉毛脱毛を行うことは可能ですが、知識が少ないまま自宅で脱毛器による眉毛脱毛をすることは大きなリスクを伴います。取扱説明書をよく読み、正しいやり方で施術することが大切です。

 

眉毛脱毛の前に知っておくべきこと

眉毛の脱毛で後悔をしないために知っておくべき注意点は以下の2つです。

 

毛が生えなくなる可能性がある

一度眉毛脱毛をしてしまうと、毛が生えてこなくなる可能性があります。そのため、脱毛後に「眉毛の形を変えたい」と思ってもできない可能性があります。眉毛の形にもトレンドがあることを考え、慎重に形を決めましょう。

網膜を傷つけてしまう危険性がある

サロンの脱毛器でも家庭用脱毛器でも、まぶたの皮膚が薄い部分に照射すると光が透過して網膜まで届き、傷がついてしまうことがあります。

こうしたリスクがつきものの眉毛脱毛ですが、説明書通りに施術すればリスクを回避して問題なく脱毛することはできます。正しい使い方の知識をしっかりと身につけるようにしましょう。

 
 

脱毛器以外で眉毛を脱毛する方法

では、脱毛器以外で眉毛を整えるにはどのような方法があるのでしょうか。

 

眉毛シェーバー

 

眉毛シェーバーには、初心者にも扱いやすく持ち運びも便利な小型の商品が多くあります。値段的にも最近では1,500円~3,000円程度で手に入るものが多く、刃を取り出して洗えるようになっているシェーバーもあるなど、リーズナブルで清潔感も保ちやすい製品が増えています。

  

スレッディング(糸脱毛)

糸に毛を絡ませて不要な毛を抜く方法です。太い毛が抜かれるときは少々痛みが伴いますし、永久脱毛ではないので定期的に行う必要もありますが、脱毛器のように熱を使ったものではないため火傷の心配はありません。

     

ワックス脱毛

毛が不要な部分にワックスを塗り、固まったあとにはがすことで毛を除去する方法です。自宅でできるワックス商品も数多くあり、比較的リーズナブルに眉毛の脱毛を行うことができます。また、続けていくことで毛の生える速度が遅くなり、徐々に薄くなっていく効果が期待できます。一方、スレッディングと同様に永久脱毛ではないため、定期的に行う必要があります。

  
 

眉毛脱毛を行うときの注意点

 眉毛脱毛を行うときの注意点

サロンやクリニックで行う場合でも自宅で行う場合でも、眉毛脱毛で注意すべき点は変わりません。以下の2つのポイントを覚えておきましょう。

 

眉毛の抜きすぎに気をつける

 

脱毛器で脱毛を行う場合、直前に毛を抜いてしまうと、毛がなくなったことにより脱毛器の光がきちんと反応しなくなってしまい、効果が薄まります。また、スレッディングやワックス脱毛を行う場合はある程度の毛の長さが必要となります。そのため、施術の2~3週間前から自己処理は控えるようにしましょう。

 

肌の状態が悪いときはやらない

 

肌の状態が悪いときは毛の処理を行わないようにしましょう。肌の状態が悪化する恐れがあるからです。他人からも非常に目につきやすい部位ですので、肌の状態が回復してから処理を行いましょう。

   

眉毛脱毛の頻度はどのぐらい?

毛周期に合わせて施術することでより効果が得やすいため、2~8週間に一回の頻度で行うのがよいでしょう。個人差はありますが、終了するまでには1年ほどかかります。

スレッディングやワックス脱毛をする場合は、3週間に一度程度の処理が必要になります。永久脱毛ではないため、その処理サイクルを続けていかなければならず、手間がかかります。

眉毛脱毛後のケアについて

脱毛後に肌トラブルを引き起こさないためには、以下の5つのケアが大切です。

  • ・脱毛当日は長時間の入浴やサウナには入らない
  • ・脱毛直後にカミソリや毛抜きでいじらない
  • ・日焼けしないように低刺激タイプの日焼け止めを使う
  • ・スキンケアは低刺激性のものを使う
  • ・赤みが出たときは保冷剤で冷やす

まず、脱毛当日は長時間の入浴やサウナは控えましょう。脱毛後の肌は非常に敏感で、炎症などを起こしやすい状態になっているからです。そうした状態の肌に熱を与えるとかゆみや乾燥などを引き起こしやすいため、脱毛当日はシャワーなどで軽く体を流す程度にしましょう。

また、脱毛後に毛が残っていることに気づいてしまうとつい気になって手を加えたくなってしまいますが、カミソリや毛抜きの使用はおすすめしません。脱毛後の敏感な肌に刺激を与えないためにも、自己処理は最低でも3日ほど控えましょう。

肌トラブルを防ぐためには保湿をすることも大切です。低刺激の化粧水や乳液などをたっぷりと使い肌の潤いを保ちましょう。スキンケアや日焼け止めなどは極力肌に負担がかからない低刺激なものを選ぶと安心です。万が一赤みがでてしまった場合は保冷剤や氷水などで冷やして様子を見るようにします。

眉毛の脱毛をセルフで行う場合は慎重に!

眉毛はお顔の印象を大きく左右する部位のため常に綺麗に整えておきたいものですが、眉毛付近の肌はとてもデリケートですので、安易に自己処理をしてしまうと大きなトラブルにつながる可能性もあります。

家庭用脱毛器で自己処理をする場合は、説明書などをきちんと読み、慎重に検討を重ねたうえで決断しましょう。また、処理をする場合は十分に注意を払ったうえで行ってください。

全国に脱毛サロンを展開する脱毛ラボでは、自宅でも手軽にムダ毛ケアができるように日々商品開発を行っています。
そんな脱毛ラボがおすすめする家庭用機器が、「脱毛ラボ プロエディション」です。
眉毛だけでなく、全身のケアが可能です。また、別売りで美肌ケアができるため、毛穴のないすべすべの肌も目指せます。お家で手軽にムダ毛ケアと美肌ケアをしてみてはいかがでしょうか。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

こんな記事も読まれています

ニキビがあっても脱毛できる?肌トラブルへの効果と適切な脱毛方法

家庭用脱毛器で黒ずみが軽減できる?黒ずみの原因と予防習慣を解説

家庭用脱毛器でやけどはする?原因と未然に防ぐ方法を徹底解説

ほくろがある場所に脱毛器は使えない?肌や皮膚へのリスクを解説