ここから本文です

家庭用脱毛器で黒ずみが軽減できる?黒ずみの原因と予防習慣を解説

>家庭用脱毛器で黒ずみが軽減できる?

肌の黒ずみは美肌を目指す人にとって悩みのタネの一つ。念入りなスキンケアでも解消が難しいものですが、家庭用脱毛器を使うことで軽減できるのでしょうか。また、そもそも肌の黒ずみはどのような原因で生まれるのでしょうか。

この記事では、肌の黒ずみの原因と解消方法、そして黒ずみを予防するためのポイントについて解説します。

肌にできる黒ずみとは?

肌の黒ずみは、毛穴に汚れが溜まることや体の内外からのダメージからくる肌の色素沈着が原因で起こります。特になかなか解消できず多くの女性を悩ませているのが、色素沈着による黒ずみです。

色素沈着は、肌にメラニン色素が定着することで起こります。これは肌の衛生環境やスキンケア不足だけでなく、健康状態も大きく影響します。黒ずみを解消するためには生活習慣から変えていく必要があるのです。

肌に黒ずみができる原因

そもそも肌の黒ずみはどのようにしてできるのでしょうか。ここでは、肌への色素沈着を中心に、黒ずみができるメカニズムについて解説します。

衣類との摩擦

肌には体の内部構造を守る役割があり、外的なダメージによってその状態は徐々に変化していきます。中でも日常的なダメージとして蓄積されやすいのが衣類との摩擦です。この摩擦は肌のターンオーバーを阻害し、色素沈着しやすい状態へと肌を変えてしまいます。特に肌ダメージに繋がりやすいのは締め付けの強い服です。

また、タオルや布で強く肌を擦ったり、マッサージとして強く引っ張ったりすることも色素沈着の原因となる場合があります。

ホルモンバランスの乱れ

体調の変化や加齢などによりホルモンバランスが崩れると、体内でメラニン色素の生成を促す「プラスミン」がつくられるといわれています。このプラスミンが、加齢によるシミや黒ずみができやすい肌環境への変化の原因となります。

プラスミンは女性ホルモンと大きく関わりがあると考えられています。そのため、ホルモンバランスを整えることを意識した体調管理が大切です。月経や妊娠・出産など女性ホルモンが大きく関わる体調の変化はもちろん、ストレスともしっかりと向き合っていきましょう。

紫外線の影響

紫外線は肌に大きなダメージを与えてしまうため、対策は念入りに行わなければいけません。中でもメラニン色素が多く生成される現象として挙げられるのが日焼けです。

紫外線を多く浴びてしまうと、ただ日焼けしてしまうだけでなく、肌内部が乾燥した状態になってしまいます。この乾燥により肌のバリア機能が損なわれ、色素沈着の起こりやすい肌へと変わっていく恐れがあります。

ムダ毛の自己処理によるもの

ムダ毛の自己処理は、どんなに丁寧にケアをしても少しずつダメージが蓄積される行為です。カミソリの刃で肌表面の角質層を傷つけてしまうことや毛抜きによって毛穴を刺激すること、ワックスや除毛クリームで肌表面に強い刺激を与えることなどがダメージとなります。

長期的に何度もムダ毛を処理することは色素沈着を促進する原因となるため、自己処理の回数は減らしたほうがいいでしょう。

脱毛器を使えば黒ずみを解消できる?

脱毛器を使ったお手入れそのものには黒ずみをなくす効果はありません。しかし、黒ずみの原因となる自己処理の代わりに脱毛器を使用すれば、結果的に黒ずみを回避することにつながります。

脱毛器の利用は、新しい黒ずみを発生しづらくすることはもちろん、すでにできてしまった黒ずみにも有効です。自己処理の回数が減り肌が正常な環境に戻っていけば、肌のターンオーバーが促され、肌のメラニン色素が排出されやすくなっていくためです。

もちろん、脱毛器でのお手入れ中も過剰な紫外線を浴びたり肌を傷つけてしまう行動を取ったりしてしまうと肌の健康は保たれません。脱毛と同時に肌や健康をしっかりと守る生活を心がけることが大切です。

黒ずみを作らないための脱毛後のアフターケア

脱毛後のアフターケア

脱毛器は肌の黒ずみを解消するために効果的なお手入れアイテムです。しかし、脱毛器でのお手入れでは肌に熱を与えるため、その熱が乾燥の原因になる恐れがあります。

脱毛器でのお手入れの際はしっかりと保湿をすることで肌の健康を守り、適切なターンオーバーをサポートしましょう。脱毛器を使用した後のアフターケアはもちろん、お風呂上がりなど肌が乾燥しやすいタイミングで行うことが大切です。

また、紫外線は乾燥の原因となることに加え、紫外線が蓄積された肌は脱毛器でのお手入れにより炎症や火傷を引き起こす可能性もあるため、日頃から徹底した紫外線対策を取るようにしましょう。

黒ずみを作らないためにおすすめの予防習慣

黒ずみを解消するためには予防も徹底しなければいけません。ここでは、黒ずみを作らないための予防習慣について3つご紹介します。

締め付けが少ない下着やボトムスを着る

まず意識したいのが、締め付けの強い服や摩擦の強い素材は避けることです。素材選びの際は、シルクや綿などのサラサラとした天然素材のものを選んでみてください。摩擦の強い素材の衣類を着たい時は、摩擦の少ない下着を選ぶことで肌へのダメージを軽減することができます。

特に脱毛器を使ったお手入れの後は肌がデリケートになっているため、お手入れ前後の数日は締め付けが少ない服を選ぶことをおすすめします。

ビタミンCを積極的に摂取する

黒ずみ予防に効果的な栄養素として注目したいのがビタミンCです。

肌の黒ずみは、ストレスや加齢などにより活性酸素が生成されることでも起こります。この活性酸素を減らす働きがあるのがビタミンCです。食事やサプリメントはもちろん、ビタミンC配合のスキンケアアイテムを使うなど、体の内外から摂取してみましょう。ビタミンCをより効率的に摂りこむことに役立つ「ビタミンC誘導体」が含まれた化粧品を使うのもおすすめです。

ムダ毛の処理にカミソリを使わない

ムダ毛の自己処理方法の中でも特に肌表面の角質層を傷つけてしまう恐れがあるのがカミソリです。カミソリは刃を肌の上に直接すべらせることになるため、目には見えない小さな傷を作ってしまう恐れがあります。

カミソリの代わりとなるものとしては電気シェーバーがおすすめです。刃が直接肌に当たらないよう設計されているため、黒ずみの原因となる肌ダメージを軽減できます。

正しく脱毛することで黒ずみのできにくい肌に!

肌はとてもデリケートで、日常生活を送るうえで蓄積されがちなわずかなダメージが黒ずみの原因になってしまう場合があります。そのため、日頃から予防のための行動を徹底する必要があります。

脱毛に関しても、カミソリや毛抜きなどで自己処理するのではなく、家庭用脱毛器を活用することで黒ずみを回避するのがおすすめです。家庭用脱毛器なら、自己処理の回数を減らしつつ黒ずみの原因を解消し、ムダ毛のないツルツル肌も手に入れられます。

また、美肌機能がついたものならばムダ毛ケアだけでなく、肌のお手入れも可能です。
美肌機能がついたおすすめの家庭用機器が「脱毛ラボ プロエディション」です。脱毛ラボは全国に脱毛サロンを展開しており、自宅でも手軽にムダ毛ケアができるようにとさまざまな商品を開発しています。

その中でも、脱毛ラボ プロエディションはサロン級のパワーと照射スピードを兼ね備えているだけでなく、冷却機能や美肌機能まで搭載しています。ムダ毛ケアだけでなく、お肌のケアもお家で手軽にしたいという方におすすめです。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

こんな記事も読まれています

おでこに使える家庭用脱毛器の選び方!脱毛がおすすめな理由も解説

ニキビがあっても脱毛できる?肌トラブルへの効果と適切な脱毛方法

脱毛器で眉毛の脱毛はできる?後悔しないために知っておくべきリスク

家庭用脱毛器でやけどはする?原因と未然に防ぐ方法を徹底解説