ここから本文です

自宅でのヒゲ脱毛は家庭用脱毛器がおすすめ!脱毛効果と注意点を解説

自宅でのヒゲ脱毛は家庭用脱毛器がおすすめ!

濃く太い毛が多く処理の難しい男性のヒゲ。「良い処理方法はわからないけれどマナーのためには仕方ない」と、とりあえず自己処理を続けているという方も少なくないのではないでしょうか。 時間が経つと青髭が目立ったり、伸びる速さや毛の濃さに悩まされたりと、ヒゲに関する悩みはさまざまです。毎日カミソリや毛抜きなどで自己処理を続けていると、お肌への負担も心配です。

そんな中、最近では男性でも脱毛サロンに通う方が増えています。しかし、通うための時間を確保するのは意外と大変なもの。「自宅でヒゲ脱毛をしたいな」と考える方も多いと思います。 この記事では、家庭用脱毛器を使ったヒゲ脱毛について、その効果や注意点を解説します。

自宅でのヒゲ脱毛は家庭用脱毛器がおすすめ!

自宅でヒゲを処理する方法には、主に以下のものがあります。

  • ・家庭用脱毛器
  • ・脱毛ワックス
  • ・毛抜き
  • ・カミソリ

この中で、脱毛効果が一番高く、かつ肌荒れなども防げるのは、家庭用脱毛器による脱毛です。毛抜きやカミソリなどは手軽に自己処理できる良さがある反面、肌や毛穴にダメージを与えて乾燥を引き起こしやすいというデメリットがあります。また、ワックスや毛抜きでは毛穴に負担がかかり、毛が皮膚の表面に埋もれてしまう「埋没毛」になる可能性があります。

さらに、ワックス、カミソリ、毛抜きなどを用いた自己処理の場合、一時的にヒゲを取り除くことはできても、その状態は長くは続きません。何度も処理を繰り返しているうちに肌が荒れてしまう可能性もあります。 脱毛効果や肌へのダメージを考えれば、家庭用脱毛器での脱毛が最もおすすめです。

家庭用脱毛器によるヒゲ脱毛の効果

家庭用脱毛器を用いたヒゲ脱毛には次のような特徴があります。

  • ・徐々に毛量を減らすことができる
  • ・発毛スピードを抑えることができる

すぐに毛が生えてこなくなるわけではありませんが、使用を続けていくことで日々のヒゲの手入れは徐々に楽になっていきます。

また、脱毛器は大きく次の2種類に分類することができます。

  • ・光脱毛(フラッシュ脱毛)
  • ・レーザー脱毛

両者の違いは、主に光の波長が異なることです。それにより脱毛効果と使用時の痛みに違いがあります。フラッシュ脱毛はレーザー脱毛に比べると効果を実感するまでに時間がかかりますが、痛みが少ないという特徴があります。一方、レーザー脱毛は脱毛効果を感じやすいですが、痛みもより感じやすいというデメリットがあります。

ヒゲ脱毛のために家庭用脱毛器を選ぶ場合は、フラッシュ式がおすすめです。痛みが少なく継続しやすいこと、照射範囲が比較的広い商品が多く短時間で脱毛を終えやすいことがその理由です。

ヒゲ脱毛を含む男性の脱毛については、以下の記事でも詳しく解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

>メンズ向け脱毛器で期待できる効果とは?正しい選び方と注意点を解説

家庭用脱毛器でヒゲを脱毛するのは痛い?

家器器でヒゲを脱毛するのは痛い?

個人差はありますが、ヒゲは他の部位に比べて毛が太く密集していることから、脱毛時には他の部位よりも痛みを感じやすいです。痛みの少ないフラッシュ式脱毛器であっても、あごや鼻の下は痛みを感じやすいかもしれません。

痛みを抑えるには、低めの照射レベルから設定して少しずつ慣れていく方法がおすすめです。脱毛効果が現れだんだん毛量が減ってきたタイミングで徐々に照射レベルを上げていけば、無理なく続けられます。

また、光を当てる前に氷などを使って脱毛箇所を冷やしておくと痛みを感じにくくなります。脱毛器によっては冷却機能付きのものもあるので、手間なく痛みを抑えたい方は冷却機能がついている脱毛器を選ぶと安心です。

家庭用脱毛器でヒゲを脱毛するときの注意点

ここでは、家庭用脱毛器でヒゲを脱毛する際の4つの注意点を紹介します。より脱毛効果を実感しやすくなるだけでなく、肌荒れやケガを予防するためにも重要なポイントなので、ぜひ確認しておきましょう。

脱毛前にシェービングを済ませる

脱毛前には必ずシェービングを済ませます。一般的に脱毛器は、メラニン色素と呼ばれる黒い部分に反応する光を使って毛根にダメージを与えます。そのため、ヒゲが生えたまま照射を行うと光が過剰に反応し、やけどをしてしまう可能性があります。毛根にきちんと光を当て、やけどを防ぐためにも、脱毛前にはきちんとシェービングしておくようにしましょう。

脱毛前後はしっかり保湿をする

脱毛前後には保湿ケアをしましょう。肌が乾燥した状態での脱毛は脱毛効果が少ないだけでなく、肌への負担が大きくなります。また脱毛後は乾燥などの肌トラブルが起こりやすい状態です。脱毛を計画通り進めていくためにも、脱毛前後の保湿ケアは念入りに行ってください。

保湿ケアに使用するのは普段お使いの化粧水や乳液などで構いません。肌がもともと弱く心配な場合は、できるだけ低刺激のタイプのものをたっぷり使って保湿しましょう。

脱毛後は肌を冷却する

脱毛後は肌を冷やしましょう。冷やすことによって炎症を予防することができます。脱毛サロンでも脱毛後には冷却時間が設けられていますが、セルフ脱毛の場合であっても保冷剤や氷を使って10分程度、脱毛箇所を冷やしておいた方が安全ですが、手間に感じる方も多いのではないでしょうか。 事前に保冷剤を使って冷やすのが面倒に感じる方におすすめなのが、全国に脱毛サロンを展開する脱毛ラボが開発した「脱毛ラボ プロエディション」です。 照射口が直接冷えるため、保冷剤で冷やす必要がありません。脱毛サロンが開発した商品なので、照射のパワーはスピードはサロンレベルです。 ちょっとした隙間時間にささっとお手入れしたい方には、脱毛ラボ プロエディションがおすすめです。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

脱毛当日はお風呂で強く洗わない

脱毛後の肌は敏感になっているため、当日のお風呂はシャワー程度で軽く済ませるのがおすすめです。ボディソープなどを使うことはOKですが、よく泡立てて使い、できるだけ肌に負担がかからないよう気をつけましょう。

脱毛前や脱毛期間中に気をつけることは?

肌トラブルを起こさずに脱毛するためにはどのようなことに気をつければよいのでしょうか。脱毛前や脱毛期間中に気をつけるべきポイントを紹介します。

日焼けに注意する

脱毛サロンでは、日焼けした肌への脱毛は断られるケースがほとんどです。日焼けした肌のメラニン色素に脱毛器の光が反応し、やけどなどのトラブルになりやすいためです。また、毛根に十分に光が届かず脱毛効果を得にくくなることも理由の一つとなります。

日焼けした状態で脱毛すると、家庭用脱毛器であってもトラブルが出やすくなる可能性があります。安全に脱毛を行うためにも、脱毛期間中の日焼けには十分な注意が必要です。

肌荒れ中は使用を控える

もし肌荒れなどが見られる場合は脱毛器の使用を控えましょう。使用し続けると肌トラブルをますます悪化させてしまうかもしれませんし、肌の状態が悪い中で無理に脱毛しても効果が得られにくいからです。

肌に赤みやかゆみが出たり乾燥してしまった場合には保冷剤などを使って冷やし、保湿ケアをして肌が落ち着くのを待つようにしましょう。

脱毛すれば日々のヒゲ剃りの手間がなくなる!

ヒゲ脱毛をすることで、毎朝のヒゲ剃りの手間が省けて非常に楽になります。また、ヒゲを含めたお顔周りを脱毛することで肌のトーンアップを実感できたという声もあります。毎日の自己処理が不要になるだけでなく、お顔の印象も変わってくるのはうれしいポイントです。

脱毛器の使い方に慣れるまでは少し大変と感じるかもしれませんが、だんだん効果が現れてくるにつれて、脱毛にチャレンジしてよかったと思えるはずです。

家庭用脱毛器の大きな特徴は、自宅で手軽に脱毛が可能なところ。脱毛サロンと違って予約を取ったり通ったりする必要もないので、忙しい方でも続けやすい点がメリットです。日々の自己処理をこれからも続けていくのが面倒だと感じている方、脱毛サロンを利用するのはハードルが高いと感じている方。ぜひ家庭でのヒゲ脱毛にチャレンジしてみてください。

こんな記事も読まれています

肌荒れ中でも脱毛器は使用できる?肌荒れの原因や予防・改善方法をご紹介

脱毛は痛い?脱毛器の仕組みと痛みを抑える4つの方法を紹介

脱毛で毛穴がなくなる?毛穴に負担がかからない脱毛方法とは

敏感肌向け家庭用脱毛器の選び方!使用上の注意点と脱毛後のケア