ここから本文です

脱毛後のお風呂はダメ?入浴NGの理由と入浴OKなタイミングについて

脱毛後のお風呂

脱毛した後のお肌は乾燥しやすい状態。ゆっくりと入浴してお肌を保湿をしっかりとしたいと考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、実は脱毛後の入浴はNGとされています。

この記事では、脱毛後の入浴がなぜNGなのか、その理由と入浴ができるタイミングについてご紹介します。

脱毛後はお風呂に入ったらダメ?

脱毛の施術を受けた当日は湯舟に浸かることはNGです。一方、シャワーを浴びることはOKとしているサロンやクリニックがほとんどです。施術の後はお肌を清潔に保つことも大切となるため、シャワーで体の汚れや汗を洗い流すようにしましょう。

また、シャワーを使う際も温度は熱くせず、刺激にならないように優しく洗うことが大切です。

脱毛後のお風呂がダメな理由

では、なぜ脱毛の施術を受けた日は入浴を控えた方がいいのでしょうか。代表的な理由をご紹介します。

水ぶくれや化膿の原因になる

1つ目は、入浴により毛穴を通じて雑菌が入り、化膿を起こす可能性があるためです。特に毛嚢炎は家庭用光美容器でケアした後に起こりやすく、悪化すれば色素沈着の原因となります。

また、照射後のデリケートなお肌で熱いお風呂に入浴すると、やけどによる水ぶくれができるリスクもあります。

肌の炎症が長期化する

入浴によってお肌が温まった結果、血流が促進されて炎症が悪化する可能性があります。

照射後は保冷剤を使いできるだけ熱がこもらないようケアをしますが、保冷剤でせっかく冷やしたのに熱いお風呂に入ってしまっては、お肌に熱がこもったままとなり炎症状態が長く続いてしまいます。炎症が長引けばお肌の乾燥も続き、ニキビや毛嚢炎などのトラブルにつながることもあります。

赤みやかゆみ、痛みが生じる

温かいお風呂によって血管が拡張されると、周辺の神経が刺激されて赤みやかゆみが出ます。脱毛によってバリア機能が一時的に低下している状態であるにもかかわらずかゆみを我慢できずにかきむしってしまうと、お肌に傷を作ったり雑菌が入り込んだりする原因となります。

雑菌が原因の肌トラブルが起こる

お風呂のお湯は、家族や同居人など他の人も浸かることで雑菌や汚れが増殖します。また一人暮らしでも、バスタブに残る雑菌の影響で肌トラブルを引き起こすことがあります。

岩盤浴やプールは入ってもいいのか

脱毛後のリフレッシュに岩盤浴やプールに行きたいと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、これらもNGです。岩盤浴は体を温めることになるため、脱毛後の火照った肌を休めることができません。またプールには塩素が含まれていますが、こちらも弱った肌にとっては非常に強い刺激となります。さらに、プールは不特定多数の人が利用しているため雑菌に触れるリスクも高まります。

施術当日は肌トラブルを防ぐためにも、肌を露出するような場所には出かけずにゆっくり過ごしましょう。

脱毛後のお風呂はいつからOK?

脱毛後のお風呂はいつから

脱毛した後に入浴がOKとなるタイミングは、サロンやクリニックによって異なりますが、施術した翌日であれば入浴しても問題なしとしている場合が多いです。
ただし、もし赤みやかゆみ、乾燥状態が翌日以降も続いていれば、むやみに入浴せずシャワーで済ませてください。施術後のお肌の変化が落ち着いてからゆっくりと入浴しましょう。

なお、脱毛した当日のシャワーではナイロンタオルやブラシなどで体を洗うのはNGです。洗浄力の高いボディソープも刺激や乾燥を引き起こす原因となります。できれば、脱毛した部位は軽くシャワーで洗い流す程度に留めましょう。入浴後に低刺激の保湿化粧水やクリームで保湿することもお肌を早く落ち着けるコツです。

うっかり入浴して症状が出たときの対処法

脱毛した当日にうっかり入浴してしまった場合、どのように対処すればいいのでしょうか。入浴後のトラブル別に対処法をご説明します。

肌の火照りや赤みが出た場合

まずは保冷剤や氷水で患部を冷やしましょう。冷やすことで血管が収縮し、周囲の神経を刺激してほてりや赤みを抑えることができます。赤みが落ち着くまで10分程度冷やして様子を見てください。その後はタオルで優しく押さえるように水分を拭き取り、低刺激のスキンケアアイテムで保湿しましょう。

保湿で注意したいのが、ほてりのあるお肌に使いたくなるクール成分が入ったタイプ。エタノールやハッカなどのひんやりする成分は、脱毛して間もないお肌には負担です。ほてりや赤みを悪化させる危険性があるため、低刺激のものを選びましょう。

肌の乾燥やかゆみが出た場合

お肌の乾燥やかゆみが出た場合は、まずかゆみが落ち着くまで冷やすことがポイントです。どうしてもかゆみを我慢できずかきむしってしまいそうな時は、清潔なガーゼや包帯を巻いてみましょう。

また、入浴したあとの乾燥を防ぐにはすばやい保湿がポイントです。乾燥の原因は、湯船に浸かったあとにお肌に残った水分が、蒸発と同時にうるおい成分まで一緒に奪ってしまうことにあります。特に脱毛した当日は軽く日焼けしたような状態で、お肌が乾燥しやすいタイミングです。入浴してしまうとさらにうるおいが失われてしまうため、こまめに保湿して乾燥しないよう注意しましょう。化粧水の上から乳液やクリームを塗り水分の蒸発を防ぐことが重要です。

水ぶくれや発疹が出た場合

水ぶくれは、入浴が原因で肌の炎症が進み、やけどとなってしまった状態です。水ぶくれをつぶさないように注意しながら周辺のお肌に冷水を当てるか、保冷剤で冷やしましょう。発疹がある場合は、すみやかに皮膚科やに相談してください。

目立つ肌トラブルが起きた時に自己判断で放置するのは危険です。経過を見るのではなく、すぐ皮膚科の受診をするなどの行動を取ってください。すばやく適切な処置を受けることで、炎症の悪化やお肌の色素沈着を最低限に抑えることができます。

脱毛当日のお風呂はシャワーで済ませよう

脱毛した当日は、お肌が軽く日焼けしている状態です。そこに熱や摩擦を与えると、余計に炎症や乾燥が悪化してしまいます。施術を受けた当日は入浴を控え、ぬるめのシャワーだけで済ませましょう。

うっかり入浴してしまったあとは、必ず脱毛した部位を冷やして保湿しましょう。せっかくの脱毛の機会を無駄にしないために、そして美しい肌を長く維持するために、脱毛後は肌にできるだけ負担のない行動を取るようにしてください。

少しでもお肌への負担が少ないムダ毛ケアをしたい人におすすめなのが、全国に脱毛サロンを展開する脱毛ラボが開発した「脱毛ラボ プロエディション」。
120万発の照射と秒速6連射のケアでセルフサロン開業レベルを目指した機器です。全身のケアを5分で完了でき、ハンドピース(別売り)は約220gの超軽量でセルフサロンより疲れにくく、高性能タッチセンサー搭載のため顔や指などの凸凹のある部位も楽に照射できます。クリスタル直接冷却機能を搭載し痛みを軽減することができるのも魅力の一つです。
自宅でムダ毛ケアしたいけど、どの機器を選べばよいのか迷っているという方はぜひお試しください。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

こんな記事も読まれています

顔に使える家庭用脱毛器!正しい選び方と嬉しい美顔効果について

男性のすね毛の脱毛におすすめなのは家庭用脱毛器?脱毛方法別でやり方や注意点を紹介

脱毛器の仕組みについて徹底解説!種類別の効果や特徴について

脱毛器で胸・乳首周りの脱毛は可能?安全な処理方法について