ここから本文です

家庭用脱毛器で背中の脱毛はできる? 処理方法とケアについて

背中の脱毛

背中は全体的に産毛が生えやすい一方、自ら目視で確認するのは難しいため、見逃してしまいがちな部位です。しかし、背中が開いたデザインの服を着るとムダ毛が生えた背中を見られてしまうことになります。おしゃれを存分に楽しむのであれば背中のムダ毛処理も欠かせません。背中脱毛は家庭用脱毛器でもできるのでしょうか。

この記事では、家庭用脱毛器を使った背中のムダ毛の処理方法やケアについて解説します。

家庭用脱毛器で背中の脱毛はできる?

結論からいうと、家庭用脱毛器を使って背中の脱毛を行うことは可能です。日焼けや肌荒れを起こしていなければ、脱毛器を使ってムダ毛処理をしても問題ありません。

しかし、家庭用脱毛器は自分で照射口を肌に当ててお手入れを行うものですので、理論的には脱毛可能でも自分の手で届かなければ物理的にはお手入れができません。腰やうなじに近い場所であれば自ら照射口を当てることはできますが、背中全体を一人で脱毛するのは難しいため、家族や同居人に手伝ってもらうことをおすすめします。

また、家庭用脱毛器を使用する際は事前にシェービングが必要なため、綺麗にシェービングできているかを確認するうえでも、お手伝いをしてくれる人がいるのがベストです。

背中の脱毛で痛みを感じにくい理由

背中のムダ毛の多くは、脇やVIOに生える毛と比べ細く柔らかです。そのため、脱毛器が過剰にムダ毛に反応する場合が少なく、照射による痛みが少ないため、痛くないと感じる人が多い傾向にあります。

しかし、毛が細い・色素が薄いムダ毛は脱毛器が反応しづらいことも事実です。そのため、背中のムダ毛を徹底的にお手入れするためには、脱毛器の出力を他の部位よりも上げたり、何度も照射したりする必要があります。

また、脱毛器が照射する光はメラニン色素に反応するIPL方式のものも多いですが、メラニン色素は毛だけでなくシミやほくろにも含まれており、そうした箇所に照射すると痛みだけでなく肌ダメージの原因になる場合もあります。背中を自分で脱毛する際は、シミやほくろの有無を忘れず確認しておきましょう。

背中にニキビがあっても脱毛できる?

背中にニキビがあっても脱毛できる?

度合いによってもお手入れの可否は変わってきますが、基本的にはニキビがあっても脱毛は可能です。小さなニキビであれば特に気にする必要はないでしょう。家庭用脱毛器を使用する際は特に細心の注意を払い、ニキビ肌を労わりながらムダ毛をお手入れしていきましょう。

なお、大きく膿んだ状態のニキビや幾つものニキビが密集してできている場合は、脱毛による刺激でニキビが悪化してしまう恐れがあります。ニキビ肌がひどい場合はお手入れはやめておくのが賢明です。

家庭用脱毛器の中には、フォトフェイシャルをはじめとした美肌効果があるものもあります。これらの脱毛器の中には、ムダ毛のお手入れだけでなくニキビケア、肌ケアができるのものあるため、これらの機能を積極的に使うのも良いでしょう。
全国に脱毛サロンを展開する脱毛ラボが開発した「脱毛ラボ プロエディション」も美肌モードの機能を搭載しています。継続的に使用することで、肌のくすみケアも期待できます。

もちろん、ムダ毛ケアのパワーやスピードはサロン級レベルですので、しっかりとお手入れしたい方におすすめです。

「>脱毛ラボ プロエディション詳細ページへ」

家庭用脱毛器を使って背中脱毛の手順

家庭用脱毛器を使って背中脱毛をする場合、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。ここでは家庭用脱毛器による背中脱毛の手順について解説します。

肩周りや腕のストレッチをする

自分で脱毛のお手入れをする場合、シェービングや照射の際に多少無理な体勢を取る場合もあります。その際に腕や肩に負担をかけすぎないようにするため、背中脱毛をする前に肩周りや腕のストレッチをしてよくほぐしておきましょう。家族や同居人にお手入れを手伝ってもらえる環境にある場合は必要ありません。

電気シェーバーでムダ毛を剃る

光脱毛器を使ってお手入れする場合、生えているムダ毛に光が反応してしまわないよう事前にシェービングしておく必要があります。背中の場合も生えているムダ毛を綺麗にシェービングしておきましょう。

脱毛前のシェービングでは、電気シェーバーを使うのがおすすめです。電気シェーバーは鋭い刃が肌に直接当たらないように設計されているため、肌へのダメージを最小限に抑えながらムダ毛を剃ることができます。シェービング後はしっかりと肌を保湿して、シェービング後のお肌を労わりましょう。

家庭用脱毛器で照射していく

シェービングが終わったら、家庭用脱毛器を使って実際に照射していきます。照射の際は「右上→右下→左上→左下」などのように背中を4つのブロックに分割して順番に行うと、照射漏れを防ぐことができます。ゆっくりと慎重に照射していきましょう。

特に濃い、または長いムダ毛が生えやすく、他人からも見られやすいのが、うなじや肩の周辺です。この辺りは髪の毛とも近い場所で濃いムダ毛が生えやすいため、仕上がりを見ながら少しずつ出力を上げていきましょう。

背中の脱毛後のアフターケアについて

背中の脱毛が終わったら、念入りにアフターケアをして脱毛による肌トラブルを防ぎます。背中脱毛後のアフターケアについて注意するのは以下の2つのポイントです。

摩擦による刺激をできる限り避ける

脱毛後の肌は乾燥しやすいため、強い摩擦により肌を傷つけてしまう恐れがあります。そこで、脱毛後2〜3日は締めつけの強い服や摩擦によりお肌を傷めやすい素材の服は避けましょう。

下着も締めつけの少ないものを選んだり、衣類の下にサテンや綿などなめらかな素材の下着を着ることをおすすめします。髪が長い人は毛先が背中のお肌を刺激してしまう恐れもあるため、アップヘアをはじめ髪が背中に掛からない髪型を選びましょう。

お風呂で体を洗う際も、スポンジやタオルなどでゴシゴシと肌を擦らないよう意識します。よく泡だてたボディーソープを使って優しく肌を包み込むように洗いましょう。

普段より念入りに保湿ケアを行う

脱毛後の肌は熱を持った状態です。その熱が乾燥や肌荒れを引き起こす可能性もあるので、脱毛後は肌をしっかりと冷やしましょう。タオルに巻いた保冷剤や冷たい濡れタオルを使う他、脱毛器に搭載されている冷却機能を使うのもおすすめです。冷却後は化粧水と保湿クリームをしっかり塗って肌を優しく守ります。

また、部位にかかわらず脱毛後に欠かせないのが保湿ケアです。脱毛後のお肌は乾燥しやすいので、念入りに保湿しましょう。日頃背中のニキビ肌や肌荒れが気になっている人は、それらに対処できる化粧水や保湿クリームを使って保湿と同時に肌ケアするのも良いでしょう。

脱毛すれば背中のあいた服も気にせず着れるように!

背中のムダ毛は自分では気づきにくいものですが、服装によっては他人から見えてしまいます。脱毛をすれば背中の開いた服も気兼ねなく着ることができ、おしゃれの幅がさらに広がっていくことでしょう。

家庭用脱毛器を使って自分で背中をお手入れする際は、怪我や肌荒れに気をつけ、できればご家族や友人、パートナーのサポートも得ながら、快適で丁寧なお手入れを心がけましょう。

こんな記事も読まれています

家庭用脱毛器とは?特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

家庭用脱毛器で埋没毛が改善?埋没毛の原因や予防法を徹底解説

VIO脱毛ができる家庭用脱毛器!選び方と安全に処理するコツ

顔に使える家庭用脱毛器!正しい選び方と嬉しい美顔効果について