ここから本文です

テーマ⑤季節の変わり目はうっかりムダ毛に要注意

テーマ⑤季節の変わり目はうっかりムダ毛に要注意>
                    <!-- ./MV画像 -->
         
                <!-- 記事本文 -->
                <section class=

冬から春、そして夏へと季節が変わっていくなかで注意したいのがムダ毛処理。
特に、長そででごまかせていた二の腕のムダ毛処理はつい忘れがちなので要注意です。

着ていた上着を脱いだ時に二の腕のムダ毛がフサフサしていると、パートナーから「ちゃんとムダ毛処理していないんだ…」とガッカリされてしまうかもしれません。
二の腕は柔らかくデリケートな場所なのでT字カミソリや除毛クリームなどは刺激が強く、カミソリ負けや赤み、炎症などを起こす可能性があります。
せっかくムダ毛がなくなっても肌トラブルが起きてしまっては残念ですよね。

光脱毛は、背中に生えているような産毛にも効果を発揮します。
脱毛完了までは他の部位と同じように18回程度の照射回数が必要です。
脱毛サロンに2ヵ月に一回のペースで通ったと計算しても約3年間はかかってしまうことになるため、早めにスタートしましょう。

そんな柔らかい二の腕こそ、光脱毛がおすすめです。
照射する光はメラニン色素にしか反応しないため、最低限の刺激で脱毛できます。
照射前には一度ムダ毛をキレイに剃る必要がありますが、その際は電気シェーバーを使って優しく処理しましょう。
電気シェーバーは刃の振動でムダ毛をカットしているだけなので、肌に負担をかけることなく処理ができます。

二の腕脱毛は、18回程度の照射回数で自己処理の必要がほとんどいらなくなります。
期間にすると2ヵ月に一回のペースで通って約3年間です。とはいえ、脱毛サロンに定期的に通える人ばかりとは限らないでしょう。
予約が埋まっていたり仕事などで調整がつかなかったりすると脱毛はつい先延ばしになり、なかなか終わらない状況に少しウンザリしてしまうかもしれません。

そんな時に便利なのが、自宅で簡単に脱毛できる家庭用脱毛器です。
家庭用脱毛器というと効果に不安を感じる方もいらっしゃると思いますが、実は業務用と同じレベルの出力を持つ製品もあります。
2~8週間に一回のペースで照射できるため、脱毛サロンに通うより早めに脱毛が終わるケースもあるでしょう。
予約や仕事などの都合に振り回されることなく自宅で好きなタイミングに脱毛できるところも魅力的です。

全国に脱毛サロンを展開している脱毛ラボが開発した「脱毛ラボ プロエディション」は、サロンレベルのハイパワーでしっかりムダ毛ケアすることできます。
照射回数はサロン越えの120万発照射。全身ケアは約1200回と、家族や友人とシェアが可能です。
全身どこでも使えるため、ふと目につくムダ毛にも安心して使用することができます。
夏本番を迎えるまでに、家庭用脱毛器でしっかりと二の腕の脱毛を済ませましょう!

こんな記事も読まれています

肌荒れ中でも脱毛器は使用できる?肌荒れの原因や予防・改善方法をご紹介

脱毛は痛い?脱毛器の仕組みと痛みを抑える4つの方法を紹介

自宅でのヒゲ脱毛は家庭用脱毛器がおすすめ!脱毛効果と注意点を解説

脱毛で毛穴がなくなる?毛穴に負担がかからない脱毛方法とは